ラノベニュースオンラインアワード2019年8月刊の投票アンケート結果を発表

発売されたばかりのライトノベルから面白い作品を発信していくラノベニュースオンラインアワード2019年8月刊の投票アンケート結果を発表いたします。得票数の多かった順から【総合部門】【新作総合部門】【新作部門】にて3作品ずつ、【熱かった部門】【感動した部門】【笑った部門】【萌えた部門】では1作品ずつ選出しました。2019年に話題を呼んでいる選出作品に大注目です!

2019年8月刊

総合部門

りゅうおうのおしごと!(GA文庫)

月とライカと吸血姫(ガガガ文庫)

わたしの知らない、先輩の100コのこと(MF文庫J)

総合部門は全得票の中から部門をはじめシリーズや新作を問わず、得票数の多かった作品が選出されています。第11巻が発売されたGA文庫刊『りゅうおうのおしごと!』、第5巻が発売された『月とライカと吸血姫』、新シリーズとして第1巻が発売されたMF文庫J刊『わたしの知らない、先輩の100コのこと』の3作品が選出されました。『りゅうおうのおしごと!』には「姉弟子と八一の物語。感動したし姉弟子に萌えた!」などの感想が寄せられました。続いては個別部門です。

2019年8月刊

熱かった部門

りゅうおうのおしごと!(GA文庫)

2019年8月刊

感動した部門

月とライカと吸血姫(ガガガ文庫)

2019年8月刊

笑った部門

この素晴らしい世界に祝福を!(スニーカー文庫)

2019年8月刊

萌えた部門

わたしの知らない、先輩の100コのこと(MF文庫J)

「総合部門」でも選出された『りゅうおうのおしごと!』が熱かった部門を、同じく「総合部門」で選出された『月とライカと吸血姫』が感動した部門を、第16巻が発売されたスニーカー文庫刊『この素晴らしい世界に祝福を!』が笑った部門を、こちらも「総合部門」で選出された『わたしの知らない、先輩の100コのこと』が萌えた部門で選出されました。『月とライカと吸血姫』には「皆の覚悟に震え、後半の一撃で鳥肌が立った。感想が言葉に出来ずに放心…」や「鳥肌の連続で感情が爆発してしまいました…」などの感想が寄せられました。『この素晴らしい世界に祝福を!』には「期待をいつも通り裏切る安定のカズマさん」などの感想が寄せられました。続いては新作です。

2019年8月刊

新作総合部門

わたしの知らない、先輩の100コのこと(MF文庫J)

AGI -アギ- バーチャル少女は恋したい(電撃文庫)

吸血鬼に天国はない(電撃文庫)

2019年の新作総合部門では全得票数の中から部門を問わず、得票数の多かった2019年刊行の新作(シリーズ化も含)が選出されています。新作総合部門では「総合部門」と「萌えた部門」で選出された『わたしの知らない、先輩の100コのこと』、第25回電撃小説大賞の最終選考作でもあった『AGI -アギ- バーチャル少女は恋したい』、同じく電撃文庫刊『吸血鬼に天国はない』が選出となりました。『わたしの知らない、先輩の100コのこと』には「グイグイ来る系後輩の真春ちゃんが可愛くて引き込まれました」や「しあわせ」などの感想が寄せられました。

2019年8月刊

新作部門

吸血鬼に天国はない(電撃文庫)

AGI -アギ- バーチャル少女は恋したい(電撃文庫)

妖精狙撃 エルフ・ウィズ・サイレントアサシン(ファンタジア文庫)

新作部門は面白かった新作に投票された作品より選出されています。「新作総合部門」で選出された『吸血鬼に天国はない』、『AGI -アギ- バーチャル少女は恋したい』、ファンタジア文庫刊『妖精狙撃 エルフ・ウィズ・サイレントアサシン』が選出されました。『AGI -アギ- バーチャル少女は恋したい』には「AIやVtuberといったトレンドワードを活かしたラブコメ、かと思えば世界と愛を賭けた壮大な物語に転じてグッと惹き込まれました」などの感想が寄せられました。

有効票数は101票。2019年8月刊作品では以上の結果となりました。選出作品は2019年のノミネート作品となるとともに、2019年の飛躍が楽しみな作品と言っても過言ではありません。ライトノベルはどの作品を読んだらいいかわからない、「今」面白いと言われている作品を読んでみたい、そんな方々はぜひ選出作品を読んでみましょう。

また、残念ながらノミネートは叶わずとも複数の投票者から注目を集めていた作品として、感動した部門では第2巻が発売された電撃文庫刊『あの日、神様に願ったことは』、笑った部門では第11巻が発売された『絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで』などが惜しい結果でした。

2019年の期待作に注目が集まるラノベニュースオンラインアワード2019年9月刊を対象とした投票アンケートは2019年10月上旬より開催を予定しています。今年もライトノベルを盛り上げるため、2019年の9月刊であなたが読み、そしてオススメしたい作品にぜひ投票してみてください。