『お弁当売りは聖女様! ~異世界娘のあったかレシピ~』のコミカライズ連載がビーズログ・コミック81号より開始

カドカワBOOKS刊『お弁当売りは聖女様! ~異世界娘のあったかレシピ~』のコミカライズ連載が、2019年10月5日発売の電子雑誌「B’s-LOG COMIC 2019 Vol.81」よりスタートした。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、ある日突然異世界に放り出されてしまった平凡なOLが、前向きにお弁当売りとして情報収集に励みながら始まる聖女召喚の物語。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は宮尾にゅん氏が担当しており、第1話が掲載された。元の世界に戻るため餌付けから始まる聖女の物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

『うちは異世界召喚されやすい家系なの』なんて言われながら育った平凡なOL、福寄真昼。冗談かと思いきや、ある日突然、本当に異世界に放り出されてしまった!? しかし、真昼は前向きに『お弁当売り』を始め、情報収集をすることに。珍しい料理を扱う謎の弁当売りの噂が呼び込んだ客―「究極のものぐさ天才魔術師」を餌付けした結果、真昼は意図的に召喚されたらしいと知る。そして犯人を探るうち、彼女は自分に驚異的な魔力があると気づき…?

本雑誌については各電子書籍ストアにて配信が行われている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者は、ぜひ原作小説も読んでみよう。『お弁当売りは聖女様! ~異世界娘のあったかレシピ~』は、カドカワBOOKSより第1巻が発売中。最新2巻も2019年10月10日発売。

©紫水ゆきこ/KADOKAWA カドカワBOOKS刊 イラスト:平井ゆづき

[関連サイト]

カドカワBOOKS公式サイト