『その冒険者、取り扱い注意。 ~正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王~』のコミカライズ連載が開始

ツギクルブックス刊『その冒険者、取り扱い注意。 ~正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王~』のコミカライズ連載が、「ComicWalker」にて開始となった。本作は第6回ネット小説大賞受賞作で、ありふれた普通の新米冒険者に過ぎなかったはずの男の正体が、無敵の配下と天空城を率いる「黒の王」という裏の顔を持つ冒険ファンタジー作品。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は満月シオン氏が担当しており、第1話「ありふれた異世界転移 前編」が19ページで公開された。ゲームの世界に転生した「黒の王」の物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

「ヒイロ」と名乗る魔法使いは、ありふれた冒険者の一人に過ぎないハズだった。だが、ヒイロが普通にレベルを上げるに従い、世界は「普通」からほど遠くなっていく。本来辿るはずであった歴史から大きく逸脱していったのだ。なぜなら、ヒイロは世界が辿るべき歴史を識る者。普通の冒険者暮らしを続ける裏で、『黒の王』として無敵の配下と居城『天空城』を率い、本来はあり得ないはずだった己の望む未来を切り拓いていくヒイロ。黒の王の分身体であるヒイロの最強冒険者への旅が、いま始まる!

⇒ コミカライズ版『その冒険者、取り扱い注意。』はこちら

次回の更新は2019年10月25日(金)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『その冒険者、取り扱い注意。 ~正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王~』は、ツギクルブックスより第1巻が発売中。

©SinGuilty/ツギクル イラスト:M.B

[関連サイト]

ツギクルブックス公式サイト