【日刊試読タイム】『世界最強の復讐神官 ~神に仕えし者、魔王の力を手に入れる~』(ファンタジア文庫)

発売前のラノベを試し読みから紹介する日刊試読タイム。今回はファンタジア文庫が2019年10月19日に発売する『世界最強の復讐神官 ~神に仕えし者、魔王の力を手に入れる~』です。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

伝説の勇者たちを支えてきた天才神官・レイズ。勇者たちに裏切られ、最愛の妹を殺されたレイズは、魔王の力をその身に宿し、勇者たちへの復讐を始める――。魔王の力を手に入れた神官の壊滅的復讐ファンタジー開幕!

著者は来生直紀先生。イラストは柴乃櫂人先生。来生直紀先生は第24回ファンタジア大賞(後期)にて「銀賞」を『新世の学園戦区』にて受賞し、デビューされた作家です。本作は勇者一行の企みによって最愛の妹を殺された神官が、魔王の力の片りんを手にして始まる復讐譚のようですね。

⇒ 試し読みはこちら

天才神官による勇者を信仰するすべての人間への復讐劇!

主人公は神官として魔王討伐を目指す勇者一行を支援し続けてきたレイズ・アデッド。十三歳の時に【完全治癒】という希少な力を発現させて神官となり、癒しの力を行使し続けてきました。世界を救おうと尽力する勇者たちを陰ながら支え、ただ一人の家族である妹と共に平和な世界の訪れを願っていたのです。そして勇者一行は見事に魔王討伐を果たすこととなり、平和な世界に向けて動き出すことになります。

人類史が一変する魔王討伐という偉業。民衆の熱気と歓喜が渦巻く中、七人の勇者はこの平和をより恒久的なものとするため、人間以外の知的種族を根絶する【種族浄化宣言】を掲げます。浄化の名の下に魔族は女も子供も関係なく処刑され、レイズはその平和を実現するための行為に疑問を抱くようになります。それは最愛の妹が“友達”として魔族の子を匿っていたことを知ったことでより強くなり、この状況をなんとかできないかと動き出すのですが……。

長きに渡り神官として仕えてきたレイズは、勇者たちに謁見を通じて「種族浄化」の見直しを願い出ます。一考するという返事を手にしたレイズは、最愛の妹や力を持たない魔族の子供たちが安心して暮らせる世界を願っていました。ただ、勇者たちは見逃さなかったのです。レイズが偶然にも魔王討伐の真実を知り得てしまったことを。そしてレイズは妹と、妹が匿っていた魔族の子と共に、勇者の一人に襲撃を受け、無残な形で大切な家族を失うことになってしまうのです。

大怪我を負いながら森の中へと逃げ込んだレイズは、人間に襲われる魔族の少女と出くわし、最後の力を振り絞って少女を助けます。そしてその少女との出会いがレイズにとって、復讐の力を手にする展開へと繋がっていくことになります。勇者一行が唱える世界の変革と、魔王の力を手にした神官の復讐劇がどう激突していくのか注目ですね。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©来生直紀/KADOKAWA  ファンタジア文庫刊 イラスト:柴乃櫂人

[関連サイト]

『世界最強の復讐神官』特設サイト

ファンタジア文庫公式サイト