小説投稿WEBサービス「ノベルアップ+」にて台風19号被害支援プロジェクト「届け、言葉の力。」が開始

小説投稿WEBサービス「ノベルアップ+」は、令和元年台風19号被害支援プロジェクト「届け、言葉の力。」の特設ページを公開、作品の募集を開始した。同プロジェクトでは期間中に公式タグ「届け、言葉の力PJ」を設定したすべての投稿作品に対し、「応援コメント」「応援スタンプ」「応援レビュー」によって付与されたノベラポイント1ポイントにつき1円を、ホビージャパンより日本赤十字社が募る「令和元年台風第19号災害義援金」に全額寄付するというもの。なお、1点だけ注意事項があり、このノベラポイントは通常作品の投稿者に付与される貢献ポイントにはならないので留意しておこう。

【はじめに】

10月12日に本州に上陸した台風19号による豪雨は、13都県における特別警報発令をはじめとして、関東、中部、東北地方の多くの河川が氾濫、各地で土砂崩れや堤防決壊が多発するなど甚大な被害を生んでいます。既に78名の方の死亡が確認され、少なくとも3万3000棟以上の住宅が浸水被害を受けておりますが、被害の全容はまだ把握できていません。(18日現在 NHK報道より)

被災地では、いまだ多くの方が今日のこともままならぬ状況が続いています。交通をはじめとした生活インフラの復旧には多大な時間と資金が必要となることは明白です。これを受け、各地で義援金・支援金を募ったり、ボランティアに参加して被災地を支えようという多くの活動が始まっています。

では、いま、小説投稿サイトとして、わたしたちなりに何が出来るだろう。何をすべきだろう。言葉を媒介とした活動で、被災した方々の支えになれないか。どうか、みなさんの力を貸してください。

ノベルアップ+運営チーム一同

【求める投稿作品】

被災された方々に向けたメッセージを、文字、または画像を使用して表現した作品。その他、新規・既存作品のうち、期間内に得た貢献ポイントをすべて義援金とさせていただけるもの。

【作品募集期間】

2019年10月18日(金)16:00~2020年2月29日(土)

あわせて被災地の方々に投稿作品を届けるための協力メディアも募っているとのこと。

[関連サイト]

小説投稿WEBサービス「ノベルアップ+」

小説投稿WEBサービス「ノベルアップ+」公式Twitter