『賢者の孫』がシリーズ累計450万部を突破

ファミ通文庫刊『賢者の孫』がシリーズ累計450万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、赤ん坊に転生した主人公が賢者に拾われ、その後常識を教えられないまま「世間知らず」で「規格外」な少年に育って始まる異世界痛快ファンタジーを描く人気シリーズ。原作小説は第11巻が10月30日に発売されたばかりで、魔人シュトローム編がいよいよ完結を迎える。2019年4月から6月にかけて放送されたTVアニメ以降も継続して注目を集め続けており、アニメのその後も描く小説や漫画からは目が離せない。

【第11巻あらすじ】

世界の命運を賭けた戦いに臨むシン達アルティメット・マジシャンズ。苛烈な戦いを繰り広げながらも、魔人率いる参謀ゼストを倒した彼らはシュトロームがいる帝城に向かった。その途中、シン達は魔人の気配を感じたため、その部屋に向かうことに。するとそこには赤ん坊を抱えた女魔人ミリア!! すぐさま身構えたシン達だったが、ミリアに「シュトローム様を解放してほしい」 と頼まれて……。ついに魔人シュトローム編、完結!!

ヤングエースUP」でのコミカライズをはじめ、小説では本編だけでなく外伝シリーズにも注目が集まる本作。アニメの続きも描かれる原作小説をこの機会にぜひ読んでみよう。『賢者の孫』は、ファミ通文庫より第11巻まで発売中。外伝小説『賢者の孫 Extra Story』は第2巻まで、『賢者の孫SP おうじょさま奮闘記』も発売中。

吉岡先生&緒方先生のWインタビューもチェック!

©吉岡剛/KADOKAWA ファミ通文庫刊 イラスト:菊池政治

[関連サイト]

TVアニメ『賢者の孫』公式サイト

『賢者の孫』原作特設ページ

ファミ通文庫公式サイト