KADOKAWAによる作家の創作活動支援を目的とした「カクヨムロイヤルティプログラム」の運用がスタート

Web小説サイト「カクヨム」は2019年10月29日より、カクヨム上での創作活動を通じて、ユーザーが現金化可能な報酬を得られる「カクヨムロイヤルティプログラム」の提供を開始した。カクヨムは「文章を書くことで、出版を経ずに直接収益を得られる環境を提供し、創作活動をする人を応援する環境を作る」ことをサイトの目標のひとつとして掲げており、このたびの取り組みは従来の出版ビジネスと並行して、新しい作家活動の可能性を提示するためにあるとのこと。これまで小説など文章作品の執筆によって収益を得るには、プロの作家となって書籍を出版、その印税を受け取るという方法が一般的だったが、原稿料や書籍刊行以外の新しい収入手段を設けることで、アマチュアでも執筆活動の選択肢を増やすことができるようになる。文章で収入を得る間口を広げることで、創作活動の盛り上げに貢献することを目指していくという。

運用を開始した「カクヨムロイヤルティプログラム」では、まずサイト上に広告を掲載して、カクヨムがその対価を受領。カクヨムが得た広告収入のうち、運営手数料として30%を差し引いた残りの70%を、ユーザーの活動状況に応じた報酬としてプログラム参加者へ分配する。ユーザーが受け取った報酬は、一定数以上貯まると金融機関口座への振り込みを申請することができるようになり、現金へ交換することができる。カクヨムでは今回の広告収入還元を作家支援プログラムの第一弾と位置づけており、今後は第二弾として、読者が作品や作者に対して金銭的な支援をできるような仕組みを開発・導入していく予定となる。

⇒ 「カクヨムロイヤルティプログラム」の詳細はこちら

[関連サイト]

Web小説サイト「カクヨム」