『好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件』のコミカライズ連載が開始

スニーカー文庫刊『好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件』のコミカライズ連載が、ニコニコ静画「ドラドラしゃーぷ#」にて開始となった。本作はWeb小説サイト「カクヨム」発の作品で、他人の自分に対する好感度が見えるようになった高校生が、数値が100と最初からカンストしているヒロインを中心に、女の子たちとの距離を縮めて始まるほんわか学園ラブコメ。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画は大山樹奈氏が担当しており、第1話がカラーを含む37ページで公開された。数字とハートが飛び交う学園ラブコメがコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

ピンクの蚊に刺され、“他人の自分に対する好感度”が見えるようになった高校生・桐崎冬馬。知り合いは30、友達は70が普通なのに、美少女四天王・九条桃華の数値は100と最初からカンスト。「友達になってほしい」という桃華とメッセージのやりとりや放課後デートを重ねる。冬馬が何か失敗しても、彼女を待たせても常に好感度は安定の100。真面目で照れ屋な彼女に惹かれていく冬馬だったが、桃華の親友であるツンデレ女子・如月結衣の数値が-50、さらにモテ女子雪村希の数値は-100! とはいえ結衣とは桃華の話題で盛り上がり、遠足でぼっちになった希と過ごしたりして、彼女たちの好感度も爆上がりに!? ヒロインに愛され度限界突破!ほんわか甘々ラブコメ堂々開幕!

⇒ コミカライズ版『好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件』はこちら

次回の更新は2019年12月6日(金)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件』は、スニーカー文庫より第2巻まで発売中。

©小牧亮介/KADOKAWA スニーカー文庫刊 イラスト:遠坂あさぎ

[関連サイト]

『好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件』特設サイト

スニーカー文庫公式サイト