『エリスの聖杯』のコミカライズ連載が先行開始 地味な子爵令嬢と処刑された稀代の悪女コンビが贈るクライムサスペンス

GAノベル刊『エリスの聖杯』のコミカライズ連載が、マンガアプリ「マンガUP!」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、地味な子爵令嬢と10年前に処刑された稀代の悪女のコンビが贈る貴族社会のクライムサスペンスを描く。原作小説は第1巻が11月15日頃に発売となる。コミカライズの作画は桃山ひなせ氏が担当しており、第1話「序章-1」が無料公開されているほか、先読みではその続きを読むことができる。『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の大森藤ノ氏も激賞する物語が一足早くコミックでスタートした。

【原作小説あらすじ】

「いいこと、コンスタンス・グレイル。お前のこれからの人生をかけて、わたくしの復讐を成功させなさい!」 誠実だけが取り柄の地味な子爵令嬢コニーは、とある夜会で婚約者を奪われ、窃盗の罪まで着せられる絶対絶命の窮地に陥っていた。しかしそんな彼女の元に、10年前に処刑された希代の悪女、スカーレット・カスティエルの亡霊が現れる! かつてその類稀なる美貌と、由緒正しき血統と、圧倒的なカリスマでもって社交界の至宝と謳われたスカーレットは、コニーに憑依するや瞬く間に形勢を逆転し、危機を救う。だが、その代償としてコニーが要求されたのは、スカーレットの復讐に協力することだった!? 利害関係から始まった二人のコンビは、やがて貴族社会に潜む悪意や罠を蹴散らすうちに大切な絆で結ばれた真の相棒へと成長し、やがて過去から続く巨大な陰謀と対峙していく……!

2019年11月10日(日)までは毎日更新となり、以降は毎週日曜日に更新が行われる。なお、コミックス第1巻も原作小説と同時発売が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ発売される原作小説も読んでもらいたい。『エリスの聖杯』第1巻はGAノベルより2019年11月15日頃発売。

©常磐くじら/ SB Creative Corp. イラスト:夕薙

[関連サイト]

GAノベル公式サイト