『【急募】捨てられてたドラゴン拾った【飼い方】』のコミカライズ連載が開始

アース・スターノベル刊『【急募】捨てられてたドラゴン拾った【飼い方】』のコミカライズ連載が、「コミック アース・スター」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、道路の片隅に捨てられていたビニール袋の中に入っていたドラゴンを拾った少年が、SNSで飼い方を聞きながら騒動に巻き込まれていくドタバタ物語を描く。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は木虎こん氏が担当しており、第1話が31ページで公開された。少年とドラゴンが巻き起こすドタバタ劇がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

道路の片隅に捨てられていたコンビニのビニール袋。そこに入っていた白いトカゲ――ゴンスケを拾って育てたところ…。「うわ、すげぇドラゴンじゃん!」「…マジ?」 え、超レア種? オスじゃなくてメス!? 脱皮じゃなくて進化だと!!? 残された皮は、ばあちゃんが金運アップのため財布に後生大事に入れてます! そんなわけで、飼い方質問のスレ立てをした、とある男子高校生の話。

⇒ コミカライズ版『【急募】捨てられてたドラゴン拾った【飼い方】』はこちら

【コミックサンプル】

次回の更新は2019年12月5日(木)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『【急募】捨てられてたドラゴン拾った【飼い方】』は、アース・スターノベルより第1巻が発売中。最新2巻も2019年11月15日発売。

©Assamu Tee / topia 2019 ©Con Kitora 2019

[関連サイト]

『【急募】捨てられてたドラゴン拾った【飼い方】』特集ページ

アース・スターノベル公式サイト