『戦鬼と呼ばれた男、王家に暗殺されたら娘を拾い、一緒にスローライフをはじめる』のコミカライズが決定

アース・スターノベル刊『戦鬼と呼ばれた男、王家に暗殺されたら娘を拾い、一緒にスローライフをはじめる』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、「戦鬼」として敵味方の双方から恐れられていた傭兵が暗殺から辛くも逃げおおせ、故郷に向かう途中で幼女を拾って始まるスローライフを描く。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画は田野かかし氏が担当することも決定しており、連載は「コミック アース・スター」にて行われる。最強の傭兵と可愛い5歳児の新生活が漫画化に向けて動き出している。

【第1巻あらすじ】

王国の傭兵オードルは「戦鬼」として、敵ばかりでなく味方からも恐れられる存在。どの戦でも一番の武功を上げてきたが、隣国との休戦協定が結ばれた翌日、『暗殺』されてしまう。死んだふりをして見事逃げおおせた彼は、髭を剃り長かった髪も短くし故郷へ向かうことに。村にたどり着く直前、ひょんなことから自分を「パパ」と呼ぶ5歳の幼女を拾うオードル。未婚なのに、いきなり5歳児(♀)の父となった最強の戦バカが、最強の親バカとして繰り広げるスローな毎日? 規格外の新ヒーロー×とにかく可愛い5歳児の新生活!

コミカライズの連載は2019年11月21日(木)より開始となる。コミカライズが決定したこの機会にぜひ原作小説を読んでみよう。『戦鬼と呼ばれた男、王家に暗殺されたら娘を拾い、一緒にスローライフをはじめる』は、アース・スターノベルより第2巻まで発売中。

©ハーーナ殿下/アース・スターエンタテイメント刊 イラスト:DeeCHA

[関連サイト]

『戦鬼と呼ばれた男、王家に暗殺されたら娘を拾い、一緒にスローライフをはじめる』特集ページ

アース・スターノベル公式サイト