『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』のコミカライズ企画が進行中

カドカワBOOKS刊『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』のコミカライズ企画が進行している。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、乙女ゲームの悪役令嬢に転生した主人公が、ゲームの醍醐味である領地運営を頑張りながら好きに生きていく物語を描く。原作小説は第1巻が11月9日に発売されたばかりで、コミカライズの連載は「B’s-LOG COMIC」で行われる。悪役令嬢の自由気ままな村作り生活が早くも漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

乙女ゲームの悪役令嬢に転生したツェリシナは、誰もが加護を授かる世界で神々どころか精霊からも見捨てられた“加護なし令嬢”。婚約者である王太子ソラティークは自分を大事にしてくれるけど、いずれはヒロインと結ばれ、婚約破棄をつきつけてくることを知っている。というか、二人がハッピーエンドになってくれないと待ち受けるのは処刑の運命のみ! それなら、ゲームの醍醐味である領地運営を頑張って、好きに生きることにします! 実は最強の加護を持つ悪役令嬢の、自由気ままな村作りスタート!

コミカライズの作画担当者や連載時期などの詳細は今後の続報を待ちたい。コミカライズ企画が進行しているこの機会に、ぜひ本作を読んでみよう。『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』は、カドカワBOOKSより第1巻が発売中。

©ぷにちゃん/KADOKAWA カドカワBOOKS刊 イラスト:

[関連サイト]

カドカワBOOKS公式サイト