『ネクストライフ』がシリーズ累計100万部を突破

ヒーロー文庫刊『ネクストライフ』がシリーズ累計100万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、雪山での遭難から目を覚ました高校生が、ハマっていたゲームとそっくりな世界に転生して始まる異世界ファンタジーを描く人気シリーズ。原作小説は現在第16巻まで発売されており、2017年からは「少年エース」にてコミカライズの連載も行われている。小説と漫画の双方で注目を集め続けており、今後の更なる展開にも期待が寄せられている。

【第16巻あらすじ】

使節団としてランレオ王国に滞在することになったマリウス達。魔法に興味津々なバーラは、「マリウスに弟子入りしたい」と衝撃的な提案する。マリウスは一国の王女が他国の人間に弟子入りできるのかと悩むが、予想に反してランレオ国王はバーラの弟子入りを認め、ランレオの習わしに従って弟子入りの儀を行った。マジックアイテムの共同開発や、転移魔法の報酬などを取り決めつつ、息抜きにランレオ王都を観光して、他国での時間を過ごしていく。しかしある日、アネットが何かが目覚めたような気配を察知したと言い――。

2019年10月末には小説とコミックスの最新刊がそれぞれ発売されている。小説からでも漫画からでもこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『ネクストライフ』は、ヒーロー文庫より第16巻まで発売中。

©相野仁/主婦の友インフォス イラスト:マニャ子

[関連サイト]

ヒーロー文庫公式サイト