『私はご都合主義な解決担当の王女である』のコミカライズ連載が開始 脇役王女が運命を切り開く異世界転生ラブコメ

ビーズログ文庫刊『私はご都合主義な解決担当の王女である』のコミカライズ連載が、「ComicWalker」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、大好きなBL小説の世界に転生した腐女子で王女の主人公が、自らの結婚相手を自力で探して運命を切り開く異世界転生ラブコメを描く。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画は米田和佐氏が担当しており、第1話が22ページで公開された。脇役王女が運命を切り開く異世界転生ラブコメがコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

大好きなBL小説の世界に転生した元女子高生の王女オクタヴィア。小説の主人公である兄とその恋人を間近で見られるのはいいんだけど、二人は男同士。となると、お世継ぎ問題は!? まさか私に政略結婚して子供を差し出せなんて言わないよね!? そんなご都合主義のキャラにはなりたくない! こうなったら、自分で結婚相手を見つけて絶対幸せになってやる――ッ!!

⇒ コミカライズ版『私はご都合主義な解決担当の王女である』はこちら

次回の更新は2019年11月29日(金)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『私はご都合主義な解決担当の王女である』は、ビーズログ文庫より第2巻まで発売中。

©まめちょろ/KADOKAWA ビーズログ文庫刊 イラスト:未都也

[関連サイト]

『私はご都合主義な解決担当の王女である』紹介ページ

ビーズログ文庫公式サイト