『嫌われ魔王が没落令嬢と恋に落ちて何が悪い!』のコミカライズ連載がコンプエース1月号より開始

HJ文庫刊『嫌われ魔王が没落令嬢と恋に落ちて何が悪い!』のコミカライズ連載が、2019年11月26日発売の「コンプエース1月号」よりスタートした。本作は規格外の強さから全人類に恐れられていた魔王が異世界に召喚され、彼を召喚した没落令嬢と恋に落ちて始まる新婚スローライフ作品。原作小説は現在第3巻まで発売されている。コミカライズの作画はクサカ氏が担当しており、第1話が掲載された。最強魔王と没落令嬢の新婚ファンタジーがコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

規格外の強さから全人類に恐れられ、孤独な日々を過ごしていた魔王アニマは、ある日突然異世界に召喚される。彼を召喚したのは女手一つで孤児院を切り盛りする没落令嬢、ルイナだった。彼女と恋に落ちたアニマはそのけなげな人柄に触れ、初めて愛する人に感謝される喜びを知る。これは最強の力を家族のためだけに使おうと決めた魔王の物語。

なお、本作のコミカライズは全3話の読切り連載作品となっている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『嫌われ魔王が没落令嬢と恋に落ちて何が悪い!』は、HJ文庫より第3巻まで発売中。

©猫又ぬこ/ホビージャパン イラスト:teffish

[関連サイト]

『嫌われ魔王が没落令嬢と恋に落ちて何が悪い!』特設ページ

HJ文庫公式サイト