『神童勇者とメイドおねえさん』のコミカライズ連載がコミックアライブ1月号より開始

MF文庫J刊『神童勇者とメイドおねえさん』のコミカライズ連載が、2019年11月27日発売の「コミックアライブ1月号」よりスタートした。本作は神童・勇者として魔王を倒した少年が「魔王の呪い」を受けたことで世界から忌み嫌われ、孤独な生活を強いられてしまう中、そんな少年のもとに現れた四人のメイドのおねえさん達との幸せな同居生活を綴る物語。原作小説は第3巻が11月25日に発売されたばかり。コミカライズの作画は上杉響士郎氏が担当しており、第1話が巻中カラーを飾った。辺境で暮らす少年とメイドおねえさん達の物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

かつて神童と謳われた勇者シオンは、魔王を倒し世界を救うが『魔王の呪い』により王都を放逐され、辺境での隠遁生活を強いられる。世界を救い、けれど世界に忌み嫌われた少年はある頃から四人のメイドのおねえさんと一緒に住むように。戦えば無敵のシオンだが年上のメイド達にはからかわれ続ける日々を送る。「どうして僕のベッドで寝ているんだ!?」「どうしてと言われましても、私が添い寝当番でしたので」「もうっ、シー様かわいいっ!」「……お前ら、僕で遊ぶのもいい加減にしろ」 強すぎるがゆえに迫害された神童勇者と、少し変わったメイド達。辺境で穏やかに暮らす最強の少年とおねえさん達のラブラブ同居生活!

本作は第1巻が発売3ヶ月後に重版が行われるなど、じわじわと注目を集め続けているシリーズでもある。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『神童勇者とメイドおねえさん』は、MF文庫Jより第3巻まで発売中。

©望公太/KADOKAWA MF文庫J刊 イラスト:ぴょん吉

[関連サイト]

『神童勇者とメイドおねえさん』特設サイト

MF文庫J公式サイト