『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』のコミカライズ連載がコミックアライブ1月号より開始

電撃文庫刊『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』のコミカライズ連載が、2019年11月27日発売の「コミックアライブ1月号」よりスタートした。本作はとあるトラウマを抱えた少年が初恋に敗れ失意に沈む中、幼なじみと共に初恋への復讐を綴る幼なじみのための物語。原作小説は現在第2巻まで発売されており、シリーズ累計は10万部を突破している。コミカライズの作画は井冬良氏が担当しており、第1話が巻中カラーを飾った。重版連発の幼なじみのための物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

幼なじみの志田黒羽は俺のことが好きらしい。家は隣で見た目はロリ可愛。陽キャでクラスの人気者、かつ中身は世話焼きお姉系と文句なしの最強である。……でも俺には、初恋の美少女で学園のアイドル、芥見賞受賞の現役女子高生作家、可知白草がいる! 普通に考えたら俺には無理めな白草だけど、下校途中、俺にだけ笑顔で会話してくれるんだぜ! これもう完全に脈アリでしょ! ところが白草に彼氏ができたと聞き、俺の人生は急転直下。死にたい。というかなんで俺じゃないんだ!? 俺の初恋だったのに……。失意に沈む俺に黒羽が囁く――そんなに辛いなら、復讐しよう? 最高の復讐をしてあげようよ――と。

本作は水瀬いのりさん佐倉綾音さんがヒロインを演じるスペシャルPVも公開、大きな話題を呼んでいた。そして「このライトノベルがすごい!2020」では文庫部門にて新作2位&総合5位を獲得するなど、ますます注目を集めている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』は、電撃文庫より第2巻までが発売中。

第2巻刊行時のインタビュー記事もチェック!

©二丸修一/KADOKAWA 電撃文庫刊 イラスト:しぐれうい

[関連サイト]

『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』特設サイト

電撃文庫公式サイト