『友人キャラは大変ですか?』のコミカライズ連載が開始 主人公を支える親友キャラが生き様のメタ友人コメディ

ガガガ文庫刊『友人キャラは大変ですか?』のコミカライズ連載が、「マグコミ」にて開始となった。本作は友人のプロを自称する小林一郎が、名脇役として理想の主人公の友人ポジションにおさまるべく心血を注いで臨む、名助演ラブコメを描いた作品。原作小説は11月19日に第8巻が発売されたばかり。コミカライズの作画は横山コウヂ氏が担当しており、第1話がカラー含む32ページで公開された。ベストフレンダー・小林一郎によるメタ友人コメディがコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

俺の友達、火乃森龍牙は“本物の主人公”だ。まず、こいつは過去をほとんど話さない。で、授業をよく抜け出す。帰ってきたかと思えば、唇から血を流してたり、制服が破けてたりする(世界の敵とかと戦っているんだろう)。そして、龍牙の周りには常に誰かしら美少女がいる。そんなときは俺の見せ場だ。「おいリューガ! どうしてお前が雪宮さん(美少女)と知り合いなんだよ!」無駄に騒がしく龍牙の日常を彩る――それが“友人のプロ”たる俺、小林一郎の生き様だからな! ベストフレンダー小林がおくる最強助演ラブコメ、爆誕!!

⇒ コミカライズ版『友人キャラは大変ですか?』はこちら

次回の更新は2019年12月30日(月)が予定されている。本作はラノベニュースオンラインアワードの「笑った部門」における常連作品として選出され続けるなど、注目を集めているシリーズ。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『友人キャラは大変ですか?』は、ガガガ文庫より第8巻まで発売中。

第3巻刊行時のインタビュー記事もチェック!

©伊達康/小学館 イラスト:紅緒

[関連サイト]

ガガガ文庫公式サイト