『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』のボイスドラマ化が決定 GCノベルズ創刊5周年記念企画で1位に選出

GCノベルズ刊『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』のボイスドラマ化が決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、女尊男卑な剣と魔法の乙女ゲーム世界に転生した主人公が、妹に強制されていた乙女ゲームの知識を活かしてやりたい放題の女たちやイケメンに反旗を翻す下剋上ストーリー。ボイスドラマ化は電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」にて開催されていた「みんなで決める!ボイスドラマ化作品投票」にて、ノミネート8作品の中から見事1位となり、その権利を手中に収めた。ボイスドラマの詳細については今後の続報を待ちたい。

【第1巻あらすじ】

剣と魔法の“乙女ゲー”の世界に転生した、元日本の社会人だったリオンは、その女尊男卑な世界に絶望する。この世界では、男なぞは女性を養うだけの家畜のようなものであった。例外なのは、ゲームで攻略対象であった王太子率いるイケメン軍団ぐらいである。そんな理不尽な境遇において、リオンはある一つの武器を持っていた。 そう前世で生意気な妹に無理矢理攻略させられていたこのゲームの知識である。リオンはその知識を使い、やりたい放題の女どもとイケメンに、はからずも反旗を翻すのだった。

本作は2018年より「ComicWalker」にてコミカライズの連載も行われているほか、「このライトノベルがすごい! 2020」単行本・ノベルズ部門において第8位に選出されるなど、注目を集めているシリーズでもある。ボイスドラマ化が決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』は、GCノベルズより第4巻まで発売中。

第4巻刊行時に実施したインタビューもチェック!

©三嶋与夢/マイクロマガジン社 イラスト:孟達

[関連サイト]

『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』特設サイト

GCノベルズ公式サイト