BKブックス2019年12月刊行のラインナップをご紹介。『転生した受付嬢のギルド日誌2』など2冊

2019年12月5日に発売されるBKブックス12月刊行のラインナップ2冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。挿絵の一部もご紹介します。

転生した受付嬢のギルド日誌2

©Seica/ぶんか社 イラスト:てつぶた

〈魔物の氾濫・スタンピード〉が起きるわ、

獰猛な魔物が紛れ込むわで今日もギルドは大忙し!

【あらすじ】

多種多様な種族が暮らす王国・アーリズの冒険者ギルドで、前世の記憶を持って生まれたシャーロットは受付嬢として働いている。ギルドの様々な業務を、前世の経験と2つのチート能力を駆使して日々を過ごしている。そんなとある日、王都への大規模な冒険者派遣で戦力が手薄となっているタイミングで、またもや<魔物の氾濫:スタンピード>が発生! 溢れ出したスライムの大群を、自慢の障壁魔法で撃退するシャーロットだったが、敵の数がやけに多く……? 一方、近隣の村から運び込まれた大量の魔物の山を前に、目を輝かせたのはギルドの解体担当タチアナ。しかしその中に、大型で獰猛な魔物が潜んでいた! アーリズの町の冒険者ギルドで働くチートな受付嬢とその仲間たちを描く物語、待望の第2弾!!

「さあ! 湯船にょ完成!」 そう! お風呂は作れるのだ!

「くそっ。壁張り職人の障壁でもだめか。――一旦退避!」 まさかの事態が起こった。私の障壁にひびが入ったのだ。騎士たちが急いで外に出て、散開する。

落ちこぼれの俺は覚醒したEXランクスキル「吸収」で成り上がる

©木嶋隆太/ぶんか社 イラスト:葉山えいし

「結婚してください」

愛で人生が一変した青年の冒険活劇!

【あらすじ】

世界中に「迷宮」が出現し、魔物が人々を襲うようになった世界。そんな魔物に対抗する「冒険者」に憧れた鏑木健吾は、冒険者学園に入学するも、才能がなく、いわゆる落ちこぼれとなっていた。そんなある日。魔物の大量発生が起こり、健吾も避難誘導を行っていると、その最中に一人の美少女・実紅と出会う。彼女を守るために格上の魔物に立ち向かうものの、逆に魔法を使った実紅に救われる健吾。さらには振り返った実紅の笑顔に一目惚れした健吾は、あらゆる過程を吹っ飛ばしてプロポーズしてしまう。しかし、返答の代わりに実紅が語ったのは、彼女が背負う過酷な現実だった。その瞬間、健吾は新たな戦いを決意する。実紅を助け出す。――そのためだけの冒険者に、俺はなる!

「逃げる必要はないわ」「何を言って──?」「この体になってから魔法を使うのは……久しぶりね」 彼女が片手を上げると、足場に幾何学模様が浮かび上がる。

実紅と一度視線をかわし……俺はスキル『ゴブリン』を発動する。発動した瞬間、手に持つステータスカードにあった『ゴブリン』の文字が変化した。

紹介ラインナップは2019年12月5日発売です。

[関連サイト]

BKブックス(ぶんか社)公式サイト