ラノベニュースオンラインアワード2019年10月刊の投票アンケート結果を発表

発売されたばかりのライトノベルから面白い作品を発信していくラノベニュースオンラインアワード2019年10月刊の投票アンケート結果を発表いたします。得票数の多かった順から【総合部門】【新作総合部門】【新作部門】にて3作品ずつ、【熱かった部門】【感動した部門】【笑った部門】【萌えた部門】では1作品ずつ選出しました。2019年に話題を呼んでいる選出作品に大注目です!

2019年10月刊

総合部門

千歳くんはラムネ瓶のなか(ガガガ文庫)

弱キャラ友崎くん(ガガガ文庫)

綾瀬さんは貢ぎたい!(GA文庫)

総合部門は全得票の中から部門をはじめシリーズや新作を問わず、得票数の多かった作品が選出されています。第2巻が発売されたガガガ文庫刊『千歳くんはラムネ瓶のなか』、第8巻が発売されたガガガ文庫刊『弱キャラ友崎くん』、新シリーズとして発売されたGA文庫刊『綾瀬さんは貢ぎたい!』の3作品が選出されました。『弱キャラ友崎くん』には「2年生の冬ということで、進路の事で友崎たちが悩みながら青春してる所が高校時代を思い出してとても良い。新しい女の子であるレナちゃんの行動に四苦八苦してしまう所を見て菊池さんが嫉妬をしてしまうのも可愛いなと思ったりで今後がとても楽しみです」や「高2からハマって約2年、今では大ファンです。アニメ化おめでとうございます。とても楽しみにしています!」などの感想が寄せられました。続いては個別部門です。

2019年10月刊

熱かった部門

千歳くんはラムネ瓶のなか(ガガガ文庫)

2019年10月刊

感動した部門

君は死ねない灰かぶりの魔女(カドカワBOOKS)

2019年10月刊

笑った部門

黒川さんに悪役は似合わない(ガガガ文庫)

2019年10月刊

萌えた部門

幼なじみが絶対に負けないラブコメ(電撃文庫)

「総合部門」でも選出された『千歳くんはラムネ瓶のなか』が熱かった部門を、新シリーズとして発売されたカドカワBOOKS刊『君は死ねない灰かぶりの魔女』が感動した部門を、第3巻が発売されたガガガ文庫刊『黒川さんに悪役は似合わない』が笑った部門を、第2巻が発売された電撃文庫刊『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』が萌えた部門で選出されました。『君は死ねない灰かぶりの魔女』には「主人公と一癖も二癖もあるヒロイン達の愛憎劇がとても印象的で引き込まれました。アルバとリナリアが再会できる事を祈っています」などの感想が寄せられました。『黒川さんに悪役は似合わない』には「黒川さんのために悪役ムーブをする主人公、蝶野倫太郎がカッコいい!マッチポンプもラブコメもいちいち笑えて面白い!!」や「名前だけは出ていた武藤さんの登場、この人の影響で物語がさらに波乱になっていくところが良かった。武藤さん良いキャラしてる。1、2巻と面白さが衰えず、それどころかキャラの掘り下げが深まると同時に面白さが増していった作品だった。良い完結だったけど、欲を言うともっと倫太郎と黒川さんの話が見たい」、「3巻で終わるのは寂しいけどむちゃくちゃ笑わせてもらいました!」などの感想が寄せられました。続いては新作です。

2019年10月刊

新作総合部門

千歳くんはラムネ瓶のなか(ガガガ文庫)

綾瀬さんは貢ぎたい!(GA文庫)

君は死ねない灰かぶりの魔女(カドカワBOOKS)

2019年の新作総合部門では全得票数の中から部門を問わず、得票数の多かった2019年刊行の新作(シリーズ化も含)が選出されています。新作総合部門では「総合部門」と「熱かった部門」で選出された『千歳くんはラムネ瓶のなか』、こちらも「総合部門」で選出された『綾瀬さんは貢ぎたい!』、「感動した部門」でも選出された『君は死ねない灰かぶりの魔女』が選出となりました。『千歳くんはラムネ瓶のなか』には「千歳と七瀬が悩んだ末に下した決断が熱い!登場人物一人一人が意思を持っているのが、何より好きなポイントです!」や「1巻も話題になったが、本格的にラブコメが始まった2巻は期待を遥かに超える面白さだった。毎巻このクオリティーで出してくれるならまじでラノベのラブコメ頂点狙えると思う」、「自分は自分であっていいのかと思わせてくれる優しくて、そして熱い物語。千歳朔は最高にカッコいい漢!」などの感想が寄せられました。『綾瀬さんは貢ぎたい!』には「久しぶりに読んだライトノベルだったが、凄く良かったし、それぞれのキャラが個性豊かで可愛く次巻への期待が高まるような1冊だった」や「ヒロインの描写が練られていて好きだった。次の巻の展開も楽しみ」、「自分も貢がれたい。熱狂的に愛されたい」などの感想が寄せられました。

2019年10月刊

新作部門

綾瀬さんは貢ぎたい!(GA文庫)

このあと滅茶苦茶ラブコメした 本当はあなたのこと大好きだけど、絶対バレてるわけないよね!!(スニーカー文庫)

アキトはカードを引くようです(MF文庫J)

新作部門は面白かった新作に投票された作品より選出されています。「総合部門」「新作総合部門」で選出された『綾瀬さんは貢ぎたい!』、スニーカー文庫刊『このあと滅茶苦茶ラブコメした 本当はあなたのこと大好きだけど、絶対バレてるわけないよね!!』、MF文庫J刊『アキトはカードを引くようです』が選出されました。『このあと滅茶苦茶ラブコメした』には「独特な恋心の見せ方、それが魅せる面白さ。これぞラブコメと言える傑作」などの感想が寄せられました。『アキトはカードを引くようです』には「面白かった!! 最初はどうなることかと怖かったのですが予想を1000%上回るものをお出しされてしまい、あっけにとられるばかりでした。これからどんな続きになっていくのかとても楽しいです。ロメオとアキトの会話がたまりませんでした。一点だけ要望があるとするならば、タケシさんの挿絵が欲しいです。切実に」などの感想が寄せられました。

有効票数は167票。2019年10月刊作品では以上の結果となりました。選出作品は2019年のノミネート作品となるとともに、2020年に向けての飛躍が楽しみな作品と言っても過言ではありません。ライトノベルはどの作品を読んだらいいかわからない、「今」面白いと言われている作品を読んでみたい、そんな方々はぜひ選出作品を読んでみましょう。

また、残念ながらノミネートは叶わずとも複数の投票者から注目を集めていた作品として、笑った部門では新シリーズとして発売されたカドカワBOOKS刊『クレイジー・キッチン』、総合部門では第17巻が発売されたファンタジア文庫刊『スレイヤーズ』、第12巻が発売されたファンタジア文庫刊『ゲーマーズ!』、新作部門ではガガガ文庫刊『コワモテの巨人くんはフラグだけは立てるんです。』などが惜しい結果でした。

2019年の期待作に注目が集まるラノベニュースオンラインアワード2019年11月刊を対象とした投票アンケートは2019年12月上旬より開催を予定しています。今年もライトノベルを盛り上げるため、2019年の11月刊であなたが読み、そしてオススメしたい作品にぜひ投票してみてください。