ディストピアで「過去」を宿した少女たちが未来を掴むRPG『CODE:SEED -星火ノ唄-』の配信が開始!【PR】

DMM GAMESより2019年12月4日(水)に配信開始となったiOS/Androidを対象としたスマートフォンゲーム『CODE:SEED -星火ノ唄-』。「終末生存×箱庭×歴史偉人美少女化RPG」と銘打ち、ディストピアで繰り広げられる壮大な物語と戦略的バトルが大きな魅力となっています。亜咲花さんが歌う主題歌「月晕谭-lunaring-」も聴けるOPムービーは、本作の世界観と魅力に溢れる映像に仕上げられています。

【ストーリー】

A.D.2080年。今から見れば「失敗」であろう月の探索で、人類は怪しい放射線を放出するムーンストーンを発見した。その後、数年の間に大量のムーンストーンが世界各地へ秘密裏に放出、数多くの人類がその放射線の影響で感染し、ゾンビに変異した。ゾンビに対抗する為、「神啓グループ」の研究員達はゾンビの変異細胞を利用して、人体改造を試み始める。この改造により、改造された者は超常的な戦闘力、ゾンビ感染への免疫能力を身に付けた。この改造者達を人々は「SEED(シード)」と呼んだ。

人類の多くがゾンビに変異した世界の命運を託される少女たち。ディストピアで少女たちが戦うという設定もさることながら、ムービー内では「裏切者」をはじめとした見逃せないキーワードも飛び交い不穏な雰囲気も……。少女たちは無事に「未来」を救うことができるのでしょうか?

『CODE:SEED -星火ノ唄-』オープニングムービー

キャラクターには誰もが知っている「アインシュタイン」や「ニュートン」など偉人の名を冠した美少女たちが登場します。少女たちのボイスは金元寿子さんや小清水亜美さんら有名声優が担当しており、より魅力的に表現されたキャラクターも見どころのひとつです。

ユニークかつ戦略性と運要素を兼ね備えたパズル式ターンバトル、自分好みにカスタマイズできる基地建造、キャラクターのコレクション&育成をはじめとした、ゲームを盛り上げる要素が満載の『CODE:SEED -星火ノ唄-』。少女たちとともに未来の救済を目指しましょう!

◆リリース記念キャンペーン開催中◆

©DMM GAMES/HFDogs Studio

[関連サイト]

『CODE:SEED -星火ノ唄-』公式サイト

『CODE:SEED -星火ノ唄-』公式Twitter