第1回アース・スターノベル大賞「大賞」受賞作『反逆のソウルイーター』オーディオドラマが期間限定公開 藤田茜さん&豊崎愛生さんが出演

アース・スターノベル刊『反逆のソウルイーター ~弱者は不要といわれて剣聖(父)に追放されました~』のオーディオドラマが公開された。本作は第1回アース・スターノベル大賞「大賞」受賞作で、すべてを失い仲間にも裏切られ、生きながら魔物のエサにされた男が、魂喰いとして蘇って始まる復讐譚を描いた作品。原作小説は現在第1巻が発売されている。オーディオドラマでは鬼人族の女の子・スズメ役を藤田茜さん、獣人の女の子・シール役を豊崎愛生さんが演じている。また、本作はコミカライズも決定しており、作画を東條チカ氏が担当する。2020年初旬より「コミック アース・スター」にて連載開始予定となる。

【第1巻あらすじ】

幻想一刀流御剣家を追放されたソラは、パーティの仲間にもだまされて魔物・蠅の王のエサにされてしまう。だが絶体絶命のその瞬間いきなり荒れ狂う力が身体を貫き、ソラは魂喰いの竜として復活した。そして今、奴らに復讐を誓う!

『反逆のソウルイーター』特別オーディオドラマ

『反逆のソウルイーター』のオーディオドラマは全5本を制作。このたび公開されたオーディオドラマがメインストーリー。他の4本は第1巻を対象店舗(とらのあな・アニメイト・メロンブックス・ゲーマーズ)で購入すると各4店舗で書きおろしショートストーリー特典ペーパーをプレゼント。特典ペーパーに記載されたQRコードを読み込むことで、購入者限定スペシャルページにジャンプし、ショートストーリーと同じ内容のオーディオドラマを期間限定で聴くことができる。また、鬼人族の女の子・スズメ役を演じた藤田茜さんと、獣人の女の子・シール役を演じていた豊崎愛生さんのインタビューも到着している。


<鬼人族の女の子・スズメ役 藤田茜さん インタビュー>

1.鬼の女の子・スズメを演じてみて、感想はいかがでしたか?

いろんなことを諦めてしまいそうな背景があるのに、しっかり興味を持って色んなことを頑張れるところがいいなと思いました。コロコロっと表情が変わって怒ったり微笑んだりするところもかわいかったです。

2.本作についてどのような印象を感じましたか?

今回はシールさんとの会話に笑顔や年齢なりの反応があって、スズメの日常が見えた穏やかなお話だなと感じました。

3.オーディオドラマの「ここが見どころ!」を教えてください。

シールさんに引っ張られて新しいことを知ったりいい影響を受けたりしているようで微笑ましかったので、そういう部分をきいて頂けたらなと思います!逆にシールさんよりお姉さんなところもあり、その部分のスズメに包容力(?)を感じて安堵感を得たのでその辺にも注目です。


<獣人族の女の子・シール役 豊崎愛生さん インタビュー>

1.獣人の女の子・シールを演じてみて、感想はいかがでしたか?

シールの、素直でまっすぐな性格や、スズメちゃんに対してお姉さんとして振る舞うところなど、声でも魅力的に演じられるように心がけました。

2.本作についてどのような印象を感じましたか?

主人公にもかかわらず過酷な過去を背負い、どん底のような状況から物語がスタートし、復讐というジャイアントキリングでどんどんのし上がっていくソラのストーリーが、とても新鮮に感じました。頭の回転の速いソラさんがとてもカッコよく、楽しく読ませていただきました。

3.オーディオドラマの「ここが見どころ!」を教えてください。

物語の本筋では、ハードな描写やストイックな環境が描かれている反逆のソウルイーターですが、今回のオーディオドラマでは、癒しの要素たっぷりです。シールとスズメの一生懸命でほのぼのとしたストーリーを、お楽しみください!


『反逆のソウルイーター ~弱者は不要といわれて剣聖(父)に追放されました~』は、アース・スターノベルより第1巻が発売中。最新2巻も2019年12月14日発売。

(c)Gyokuto / Yunagi 2019

[関連サイト]

『反逆のソウルイーター』特集サイト

アース・スターノベル公式サイト