『落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う』のコミカライズ連載が開始

アルファポリス刊『落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う』のコミカライズ連載が、「アルファポリス公式WEB漫画」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「アルファポリス」発の作品で、最低ランクのアルカナ[☆1]を授かったことで冒険者としての夢を絶たれた主人公が、独自に研鑽した魔法技術と魔法運用によって、☆の数がすべての世界で成り上がる冒険譚を描く。原作小説は現在第5巻まで発売されている。コミカライズの作画は沢月とと氏が担当しており、第1話が32ページで公開された。どん底から始まる成り上がり冒険者の物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

最低ランクのアルカナ☆1を授かったことで、冒険者としての夢を絶たれた少年――アストルは、ギルドで居つきの治癒魔法使いとして細々と活動していた。ある日、馴染みの冒険者の魔物討伐に同行したところ、彼が独自に研鑽した魔法技術と柔軟な魔法運用に、熟練冒険者達が驚愕。その力を高く買われ、アストルはパーティメンバーとして迎え入れられたのだった。頼れる仲間を得た稀代の魔法使いが、最低評価を覆す!

⇒ コミカライズ版『落ちこぼれ〔☆1〕魔法使いは、今日も無意識にチートを使う』はこちら

次回の更新は2020年1月10日(金)が予定されており、毎月第2金曜日に更新が行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う』は、アルファポリスより第5巻まで発売中。

©右薙光介/アルファポリス イラスト:M.B

[関連サイト]

アルファポリス公式サイト