舞台『異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件』再演版のメインビジュアル&キャストビジュアル解禁

TOブックス発の2.5次元舞台『異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件』再演版のメインビジュアルとキャストビジュアルが解禁された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、異世界へと召喚されたものの特別なスキルが与えられることもなく、荒れ果てた孤児院の経営を命じられて始まる主人公の英雄伝を描く。2019年5月に公演された舞台は連日満員を記録し、公演翌月には再公演も決定。大塚萬劇場にて2020年1月15日(水)~1月19日(日)の期間で行われる。再演ながらもキャストの大半が入れ替わっており、前回とは違った異世界孤児院を披露する。

【ストーリー】

クラス内のイジメられっ子、マサツグは、ある日、クラスメート全員と一緒に異世界に召喚された。クラスメートたちが強力なスキルを授かる中、マサツグが得たのは「初級の鑑定」と「守る」だけ。誰もが持っている、ありきたりなスキルだった。異世界でも冴えないままのマサツグは、国王から荒れ果てた孤児院の経営をするように命令される。しかし、マサツグの「守る」という能力は、実はチート級のスキルなのだった。孤児院の院長となるや、美少女たちが次々と入院し、マサツグを慕ってくる。親の愛情を知らずに育ったマサツグは、孤児の少女たちと心を通わせ、異世界で逞しく生きていく。

2.5次元舞台『異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件』

公演期間: 2020年1月15日(水)~1月19日(日)

会場: 大塚萬劇場

チケット: 5,000円(前売)、5,500円(当日)

チケット購入: カンフェティ

【キャスト】

◆マーキュリー(M):松田シオン、乃並なの、星村彩乃、鈴原紗央、油座すみれ、水瀬元晴、岡部朋美、梶間大輝、中西葵、雪見苺、星乃彩月、雪湖あまね、太田麻衣、望ノ城さえ、幡地美佳、篠崎美和、久木田かな子、入川礁、大森佳澄、櫻井元紀、松尾勇太朗

◆ヴィーナス(V):桜樹舞都、山田夏帆、花瀬琴音、陽向海真珠、桜井理衣、岩田陸、石井未来、白石竜也、玉村宙子、彦田かおり、美蘭、矢吹瑠璃、星野優佳、廣江海、平野晶子、阿部シコウ、美尾優気、大長加奈、佐々木聡、青海龍

◆両方:奈良宙生

◆ダンサー:島田彩希、南マルセラ、TOYO、天海勝利、スズムラ雀、才藤えみ、陽向海真珠、中西葵

【スタッフ】

原作:初枝れんげ イラスト:パルプピロシ

脚本・プロデュース:井川楊枝 演出・舞台監督:小森章

音響:Sleepingowl・Madoka 照明:内田梢

演出助手:青海龍・入川礁 衣装/ヘアメイク:瀬島ちひろ

殺陣:奈良宙生 振付:Takeshi・舞木ひと美

スチール:内井隆晶 動画:尾崎鉱史

美術:増野光晴(いけばな雪舟流)・坂元隆一

運営スタッフ:瀬川みつる/玉置太郎/弥音夏/高須すみれ

協力:TOブックス、竹書房、MARCOT、有池智実、GS-PRO、汪洋企画

テーマ曲:「君がいるから歩き出せた」(作詞:西口綾子/作曲・編曲:川崎泰弘(Atelier LadyBird)、歌:白瀬あかり)

【キャストビジュアル】

松田シオン(中央のマサツグ役)・星村彩乃(エリン役)・鈴原紗央(シー役)・乃並なの(リュシア役)

松田シオン(マーキュリーチーム・マサツグ役/前回に続き主演)

再演ということで、ふたたびマサツグを演じられること、とても嬉しく思います! 俳優、松田シオンという個の成長と共に、今の自分が思い描くマサツグというキャラクターを最大限に表現します。

星乃彩月(マーキュリーチーム・ガナドール役)

人生で初めての悪役。殺陣も含め初めての事ばかりですが、精一杯しがみついて、最後の最期まで舞台上で生き抜きます!

桜樹舞都(マサツグ役)

星乃彩月(ガナドール役)・雪湖あまね(モルテッシモ役)

美蘭(ガナドール役)・桜井理衣(モルテッシモ役)

花瀬琴音(エリン役)・陽向海真珠(アリア役)

桜樹舞都(ヴィーナスチーム・マサツグ役)

原作ファンが多いこの作品に主人公マサツグとして出演させていただき、プレッシャーもありますが、この座組みんなで作り上げてきたものを公演できるのが楽しみです。

花瀬琴音(ヴィーナスチーム・エリン役)

再演が決まった時から初演に引き続き、エリン役をやらせていただけてとっても嬉しかったです。初演とは違うキャラクター、そして初演とは違う終わり方、何やら続きそうな終わり方をしてるので皆様の力でもっともっとこのマサツグ様を大きくして、もっと愛してもらって、【続編】なんかできたりしたらいいなぁなんて思ってます。

井川楊枝(プロデュース・脚本)

今は数多くの2.5次元舞台が公開されています。ですが、この異世界孤児院は、「なろう系」初の舞台化、更にはハーレムものなので男性読者向けの作品ということで、2019年5月の初演の時はどういう反応になるのか、不安でした。ですが、予想以上に好評で、女性の観客の方々にも普通に受け入れてもらいました。今回は初演以上に細部にこだわって、異世界孤児院の世界を作り上げているのでぜひ、ご覧いただきたいです。

2019年5月の公演を見逃した方はぜひ足を運んでみよう。原作小説『異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件』もTOブックスより第3巻まで発売中。

イラスト:パルプピロシ

[関連サイト]

舞台『異世界孤児院』公式Twitter

TOブックス公式サイト