『初級魔法しか使えず、火力が足りないので徹底的に攻撃魔法の回数を増やしてみることにしました』のコミカライズ企画が進行中

GAノベル刊『初級魔法しか使えず、火力が足りないので徹底的に攻撃魔法の回数を増やしてみることにしました』のコミカライズ企画が進行している。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、異世界に転生したものの初級魔法しか覚えられない不遇職・吟遊詩人になってしまった主人公が、ハズレスキルを駆使して最強無双の冒険者を目指す物語。原作小説は第1巻が12月15日に発売されたばかりで、コミカライズの連載は「ガンガンGA」にて行われる。不遇のレアジョブ・吟遊詩人になった主人公の最強異世界冒険譚が早くも漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

スキル、ジョブなどが存在する剣と魔法の異世界に転生したら初級魔法しか覚えられない不遇職・吟遊詩人になってしまった主人公・トール。お金を稼ぐために冒険者になったものの、吟遊詩人は使える魔法が少ない。攻撃力のある魔法なんて当然使用できない……このままじゃあ魔物とも戦えない。だったら……圧倒的な量でカバーするしかない! 幸い、トールが異世界で得た吟遊詩人スキルは早撃ちと魔法の大量展開に抜群の相性を誇るものばかり。塵も積もれば山となる。初級魔法だって数があれば天変地異すら起こせる……はず。神をも殺す魔法だろうが、ファイアボールを一万発分放てば撃ち負けやしない……たぶん。ハズレスキルを生かして最強無双! 吟遊詩人トールの冒険が、今始まる!!

コミカライズの作画担当者や連載時期などの詳細は今後の続報を待ちたい。コミカライズ企画が進行するこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『初級魔法しか使えず、火力が足りないので徹底的に攻撃魔法の回数を増やしてみることにしました』は、GAノベルより第1巻が発売中。

©大地の怒り/ SB Creative Corp. イラスト:しゅがお

[関連サイト]

GAノベル公式サイト