『前世は剣帝。今生クズ王子』のコミカライズ連載が開始 最強クズ王子の伝説を描くダークファンタジー

アルファポリス刊『前世は剣帝。今生クズ王子』のコミカライズ連載が、「アルファポリス公式WEB漫画」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「アルファポリス」発の作品で、かつて剣帝とまで讃えられながらも戦いの果てに自死を選択した剣士が、とある国の第三王子として転生し、前世の生き様を疎みグータラ生活を続けるクズ王子として過ごしながら始まる最強ファンタジーを描く。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画は早神あたか氏が担当しており、第1話「クズ王子」が31ページで公開された。グータラ王子が再び剣を握って始まる最強伝説がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

かつて、生きる為に剣を執り、剣に殉じ、〝剣帝〟と讃えられた一人の剣士がいた。戦いの日々の果てに自ら死を選んだ彼は、ディストブルグ王国の第三王子、ファイ・ヘンゼ・ディストブルグとして転生する。剣に憑かれた前世での生き様を疎み、今生では〝クズ王子〟とあだ名される程のグータラ生活を送っていたファイ。しかしある日、隣国のアフィリス王家との盟約により、援軍を率いて戦争に参加する事になる。戦場に到着後、万人に値する力を持つ存在である〝英雄〟に蹂躙された絶望的状況を見たファイは、一度は帰国しようと考える。だが、ある一人の騎士の死に様に心動かされ、再び剣を執る事を決意する――最強グータラ王子の伝説、ここに開幕!

⇒ コミカライズ版『前世は剣帝。今生クズ王子』はこちら

次回の更新は2020年1月16日(木)が予定されており、毎月第3木曜日に更新が行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『前世は剣帝。今生クズ王子』は、アルファポリスより第2巻まで発売中。

©アルト/アルファポリス イラスト:山椒魚

[関連サイト]

アルファポリス公式サイト