『【配信中】女神チャンネル!え、これ売名ですの!?』のコミカライズ連載がビッグガンガン2020年Vol.01より開始

GA文庫刊『【配信中】女神チャンネル!え、これ売名ですの!?』のコミカライズ連載が、2019年12月25日発売の「ビッグガンガン2020年Vol.01」よりスタートした。本作は第11回GA文庫大賞「奨励賞」受賞作で、炎上系底辺ユーチューバーの主人公が、異世界から現れたドラゴンやエルフといった侵略者に女神と一緒に立ち向かうハイテンション・コメディ作品。原作小説は第2巻が12月15日に発売されたばかり。コミカライズの作画は近江のこ氏が担当しており、第1話がセンターカラーを飾った。クズと女神が繰り広げるハイテンション・コメディがコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

『【動画】東京タワーがやばいw』 高校生、朱人(あかひと)は「ドラゴン襲来」の話題に乗り遅れていた。そんな彼の田舎にもドラゴンが襲来。人気動画配信のチャンスと近づく朱人だったが、美しいエルフに襲われてしまう。異世界の奴らは侵略者だった! そんな朱人の危機を助けたのは、異世界の女神!? 女神クラマによれば、異世界転生が女神たちの間で流行り、それを、うっかり話したことで、エルフが攻めてきたのだという。女神クラマは手を差し伸べる。「一緒に、この世界を救いましょう!」 朱人は叫ぶ。「だいたい、お前らのせいじゃねーかよっ!!!!!」 GA文庫大賞《奨励賞》受賞作、ハイテンション・コメディ開幕!

コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『【配信中】女神チャンネル!え、これ売名ですの!?』は、GA文庫より第2巻まで発売中。

©徳山銀次郎/SB Creative Corp. イラスト:shri

[関連サイト]

GA文庫公式サイト