『ヒトを勝手に参謀にするんじゃない、この覇王。 ~ゲーム世界に放り込まれたオタクの苦労~』のコミカライズ連載が開始

Mノベルス刊『ヒトを勝手に参謀にするんじゃない、この覇王。 ~ゲーム世界に放り込まれたオタクの苦労~』のコミカライズ連載が、「がうがうモンスター」にて開始された。本作は第7回ネット小説大賞受賞作で、RPGゲーム世界に放り込まれてしまったオタク女子大生が、ゲームの知識を予言としながら、滅びへと向かう帝国の覇王の参謀となって始まる物語を描く。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画はyos氏が担当しており、第1話が31ページで公開された。オタク女子大生が参謀として奮闘する物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

突然、RPGゲーム世界に放り込まれたオタク女子大生・榎島未結。やり込み知識でうっかりゲームの展開を呟いたら、イケメン獅子獣人の覇王アーダルベルトに捕まって、やりたくもない参謀にされてしまい…。仕方ないから、ゲーム知識を《予言》にして、国と覇王(推し)の破滅を乗り越えよう!?「小説家になろう」発、第七回ネット小説大賞受賞作が堂々書籍化!

⇒ コミカライズ版『ヒトを勝手に参謀にするんじゃない、この覇王。』はこちら

次回の更新は今後の続報を楽しみに待ちたい。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『ヒトを勝手に参謀にするんじゃない、この覇王。 ~ゲーム世界に放り込まれたオタクの苦労~』は、Mノベルスより第1巻が発売中。

©港瀬つかさ/双葉社 イラスト:まろ

[関連サイト]

Mノベルス公式サイト