『八歳から始まる神々の使徒の転生生活』のコミカライズが決定 可愛い妹を守りながら世界も人類も救う最強無双譚

GAノベル刊『八歳から始まる神々の使徒の転生生活』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、前世で「厄災の獣」を相打ちで滅ぼした最強の賢者が、滅び切っていない「厄災の獣」を今度こそ討ち果たすため、神々のもとで修業を積み、8歳の少年に転生して始まる最強無双ファンタジー。原作小説は第1巻が12月15日に発売されたばかり。コミカライズの作画は春夏冬アタル氏が担当することも決定しており、連載は「マンガUP!」にて行われる。可愛い妹を守りながら、世界と人類を救おうとする少年の物語が早くも漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

最強の老賢者エデルファスは、齢120にして【厄災の獣】と呼ばれる人類の敵と相討ちし、とうとうその天寿を全うしようとしていた。最後の最後に人類の脅威を葬り去り、優秀な弟子にも恵まれ、もう思い残すことはない。そう思って神様の世界に旅立ったエデルファスだったが――。「厄災の獣は、確かに一時的に眠りにつきましたね。ですが……近いうちに復活しますよ?」 神様の世界で女神にそう告げられたエデルファスは、厄災の獣を倒すため、再び人の世に戻ることを決意すると、神々のもとで修行を積み、8歳の少年・ウィルに転生する。これは、神々に愛されし少年が、世界を救う物語――

コミカライズの連載開始時期などの詳細は今後の続報を待ちたい。コミカライズが決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『八歳から始まる神々の使徒の転生生活』は、GAノベルより第1巻が発売中。

©えぞぎんぎつね/SB Creative Corp. イラスト:

[関連サイト]

GAノベル公式サイト