スピンオフコミック『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街の食堂で働く日常物語』の連載が少年ガンガン2月号より開始

GA文庫刊『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』の日常スピンオフコミック『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街の食堂で働く日常物語』の連載が、2020年1月11日発売の「少年ガンガン2月号」よりスタートした。本編『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』は人外魔境な最果ての集落から飛び出した少年が、都会で軍人を目指す無自覚と成長と勘違いの最強無双ファンタジー。新たに始動したスピンオフでは食堂で働くロイドの日常ストーリーが描かれる。作画は草中氏が担当しており、第1話が巻中カラーを飾った。TVアニメ化も決定している人気シリーズのスピンオフコミックが始動した。

【原作小説第1巻あらすじ】

「僕、都会に行ってみたいんです!」 村人誰もが反対するなか、軍人になる夢を捨てきれず王都へと旅立った少年ロイド。しかし村で一番弱い男と言われる彼を含め、村人は誰一人として知らなかったのだ。自分たちの村が高レベル冒険者でも恐れる『ラストダンジョン手前の人外魔境』なんて呼ばれている真実を。そこで育ったロイドは……身体能力ばつぐん、古代魔法も完備、おまけに家事のスキルもパーフェクト!!「な、何者なんだ、あいつは……!」「ロイド君、本気出しちゃだめよ?」 これは、無自覚に無敵を体現する少年が『本当の強さ』に目覚めゆく勇気と出会いの物語――。

スピンオフコミックを読んで物語の続きが気になった読者はぜひ本編原作小説も読んでみよう。『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』は、GA文庫より第8巻まで発売中。ドラマCD付き特装版も同時発売となる最新9巻も2020年4月発売予定。

TVアニメ化も決定!

©サトウとシオ/ SB Creative Corp. イラスト:和狸ナオ

[関連サイト]

『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』TVアニメ公式サイト

『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』原作特設ページ

GA文庫公式サイト