『十三歳の誕生日、皇后になりました。』のコミカライズが決定 夫婦になってから始まる中華ロマンスストーリー

ビーズログ文庫刊『十三歳の誕生日、皇后になりました。』のコミカライズが決定した。本作は十三歳の誕生日に帝位を簒奪した皇帝から「ちょうどいいから」という理由で皇后となった少女が、夫婦になってから少しずつ絆を深めて本物の夫婦へとなっていく中華ロマンスストーリー。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画は青井みと氏が担当することも決定しており、連載は「月刊プリンセス」にて行われる。突然皇后になった少女の後宮恋物語が漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

十三歳の誕生日、赤奏国の皇帝に後宮入りを願い出た莉杏。ところが謁見の間にいたのは、《正規の手段》で帝位を簒奪し、新たな皇帝となった暁月だった! 莉杏は「ちょうどいい」と皇后にされるが、一緒に寝始めても湯たんぽ代わりのまるで子供扱い。それでも莉杏が眠れるようにと、暁月は毎夜問題を出してくれて!? 夜毎に夫婦の絆が深まる恋物語!

コミカライズの連載は2020年3月6日発売予定の「月刊プリンセス4月号」より開始となる。コミカライズが決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『十三歳の誕生日、皇后になりました。』は、ビーズログ文庫より第2巻まで発売中。

©石田リンネ/KADOKAWA ビーズログ文庫 イラスト:Izumi

[関連サイト]

『十三歳の誕生日、皇后になりました。』紹介ページ

ビーズログ文庫公式サイト