『転生したら15歳の王妃でした ~元社畜の私が、年下の国王陛下に迫られています!?~』のコミカライズが決定

ビーズログ文庫刊『転生したら15歳の王妃でした ~元社畜の私が、年下の国王陛下に迫られています!?~』のコミカライズが決定した。本作は過労死した元OLが15歳の王妃に転生し、生前の自分のように忙殺されている国王である若き夫を癒そうと奮闘する恋愛ストーリーを描く。原作小説は第1巻が1月15日に発売されたばかり。コミカライズの作画は片桐辺氏が担当することも決定しており、連載はマンガアプリ「マンガUP!」にて行われる。癒しアイテムで周囲からも懐かれていく王妃の物語が早くも漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

佐伯えみ享年28。過労死して目が覚めたら、15歳の王妃に転生してました。夫は齢17の国王陛下…って年下か~い!! 元人格のエミリアちゃんに「夫婦仲は最悪だけど、気にせず好きなように生きて」と体をもらった(?)まではいいけど、若き夫も生前の私を彷彿とさせる社畜っぷり!「私みたいに死なせたくない」と癒しアイテムを使ってみたら懐かれて!?

コミカライズの連載は2020年春の開始が予定されている。コミカライズが決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『転生したら15歳の王妃でした ~元社畜の私が、年下の国王陛下に迫られています!?~』は、ビーズログ文庫より第1巻が発売中。

©斧名田マニマニ/KADOKAWA ビーズログ文庫刊 イラスト:八美☆わん

[関連サイト]

『転生したら15歳の王妃でした』紹介ページ

ビーズログ文庫公式サイト