『彼女を言い負かすのはたぶん無理 4』あらすじ&著者からのひとこと公開!

スマッシュ文庫より新刊『彼女を言い負かすのはたぶん無理 4』が今月6月17日に刊行される。今度の見所は、何といっても夏合宿回だ。夏といえば海! 海といえば水着! どうやら挿絵の多さが異常ということなのでその点は大いに期待が持てる。同文庫から発売される話題の『君が衛生兵で歩兵が俺で』とともに要チェックだ。

『彼女を言い負かすのはたぶん無理 4』

著者:うれま庄司 イラスト:しらび

【あらすじ】

平凡だった桜井祐也(さくらい・ゆうや)の高校生活は、ディベートの天才・九重崎愛良(くえざき・アイラ)の登場によって激変した。 そんな彼女と出会って、初めての夏。 「ディベート部が合宿したっていいじゃない。だって夏休みだもの」合宿の計画を楽しそうに語るアイラ。その様子を見て、桜井もまたこの合宿を楽しいものにしようと決意する。そして、いよいよ夏休み。ディベート部は海に来ていた。都会から離れた静かな環境でディベートの練習に打ち込むため──であるはずがなく、新幹線の車内で遊び、砂浜で遊び、バーベキューをして海で遊び、「あれ? これディベート部の合宿だよな?」なんて疑問に思うヒマもなく、ソフトテニス部のメンバーも混ざって大賑わい。 夏の空気に押されるように、それぞれの距離も縮まっていく。 そんな中、夜の肝試しでアイラが──!

【著者からのひとこと】

今回は夏合宿編です。水着回です。

なのでいつもとちょっとだけ書き方を変えてあります。

ストーリーを追うのではなく、個々のキャラに焦点を当てることで少しでも水着シーンを増やせたらなーとか思いまして。そのかいあってか、やたらと水着シーンの多い一冊になったと思うのですが、いかがでしたでしょうか(まだ挿絵を確認していないのですが、挿入予定の場所を見る限り、きっとそうなっているはず……! なってなかったら妄想でお好きな格好をさせてください)。

(C)PHP研究所 うれま庄司/しらび

【関連サイト】

スマッシュ文庫

【商品データ】