『異世界で手に入れた生産スキルは最強だったようです。~創造&器用のWチートで無双する~』のコミカライズ連載が開始

MFブックス刊『異世界で手に入れた生産スキルは最強だったようです。~創造&器用のWチートで無双する~』のコミカライズ連載が、「ComicWalker」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、突然異世界に転移させられてしまった社畜サラリーマンの主人公が、あらゆるアイテムを創り出せるチートスキルを手にし、気ままな異世界生活を求める冒険譚を描く。原作小説は第2巻が1月24日に発売さたばかり。コミカライズの作画は満月シオン氏が担当しており、第1話「異世界で、チートスキルを手に入れた。」が32ページで公開された。万能生産スキルで異世界を切り拓く男の物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

多忙と加齢により、趣味だったゲームにすら手を付けられない社畜サラリーマン・高坂コウ(29)は、ある日、突然異世界に転移させられてしまう。その際に手に入れたスキル、【創造】と【器用の極意】はあらゆるアイテムを創り出し、使いこなすことができるチートスキルだった! 忙しなく窮屈な生活から解放され、新天地で生きて行くことを決めた彼は、気ままな異世界生活を求めて冒険者ギルドの門をくぐる。竜人の女冒険者・アイリスの危機を救ったり、街の人々からの依頼をこなしたり。コウは早速スキルを使いこなしつつ、持ち前の真面目な性格と丁寧な仕事ぶりから、すぐに街の人々に受け入れられていくのだった。「やるって決めたことには、手を抜かない主義だからな」 行く先々で桁外れの活躍をする、万能の生産スキル持ち冒険者が異世界を切り拓く!

⇒ コミカライズ版『異世界で手に入れた生産スキルは最強だったようです。』はこちら

次回の更新は2020年2月23日が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『異世界で手に入れた生産スキルは最強だったようです。~創造&器用のWチートで無双する~』は、MFブックスより第2巻まで発売中。

©遠野九重/KADOKAWA  MFブックス刊 イラスト:人米

[関連サイト]

MFブックス公式サイト