『嫌われたいの ~好色王の妃を全力で回避します~』のコミカライズ企画が進行中

ツギクルブックス刊『嫌われたいの ~好色王の妃を全力で回避します~』のコミカライズ企画が進行している。本作は乙女ゲームの世界へと転生した主人公が前世の記憶を取り戻し、未来に待ち受ける不幸で孤独な王妃となる運命、または国外追放となる運命から逃れるべく、婚約者から嫌われる努力に邁進する物語を描く。原作小説は第1巻が2月10日に発売されたばかりで、幸せな未来を掴み取るために嫌われようと奮闘する令嬢の物語が早くも漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

10人の側妃を持つ好色王にすら顧みられず、不名誉な誹りを受ける惨めな王妃。そんな未来が待っているとはつゆ知らず、ルイーゼは今日も健気に縦ロールをキメる。大好きな王太子の婚約者になるために。ある日、転んだ拍子に前世の記憶を取り戻したルイーゼは、ここが乙女ゲームの世界で、このままだと不幸な王妃か、婚約破棄のち国外追放の未来が待っていることを理解する。「それならいっそ婚約者に選ばれなければいいんじゃない?」 そしてルイーゼ(改)は、嫌われる努力を始める。学園に転入してきたヒロインにぜひ頑張ってもらいましょう!

コミカライズの作画担当者や連載媒体、連載時期などの詳細は今後の続報を待ちたい。コミカライズ企画が進行するこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『嫌われたいの ~好色王の妃を全力で回避します~』は、ツギクルブックスより第1巻が発売中。

©春野こもも/ツギクル イラスト:雪子

[関連サイト]

ツギクルブックス公式サイト