『創世の大工衆(デミウルゴス)』 感想 【ラノベ365日】