『GJ部 中等部 2』 感想 【ラノベ365日】