スマッシュ文庫『かまいたちの娘は毒舌がキレキレです』紹介

かまいたちの娘は毒舌がキレキレです

著者:木戸実験

イラスト:かにたまころっけ

あらすじ

「ラノベってつまんないよね」――学園のアイドル的立場の裏で、暴言あふれるライトノベル批判を繰り返すクラスメイトのかまいたち少女・風海きりか。

秘密結社・鬼郷幇(ききょうほう)の仕事を日々こなす僕、神前静也(こうさき・せいや)はある日、組織の経営する店の前で「妹」撲滅演説をしているきりかを排除せよとの指令を受けるが……!

必ず二度、三度読み返したくなる魔法の演出が施された、妖怪異能力者たちの反ラノベ的ラブ&バトル小説!

オススメポイント!

現在、ライトノベルの世界では「妹モノ」が大流行しています。そんな中、本作では「ラノベってつまんない」「妹属性は有害」……などなど、ライトノベルの作中でライトノベル自体を批判する前代未聞の自己否定ヒロイン、風海(かざみ)きりかが、これでもかとラノベをめった斬りにします。

ただし、「彼女はなぜライトノベルを否定するのか?」というのは謎の発端にすぎません。物語は急展開に次ぐ急展開を経て、やがて予測不能の結末にたどり着きます。

時系列シャッフル、叙述トリックなど、さまざまな技巧を凝らした読み応えのある小説になっています!

なお、著者が妹属性について熱く語っている動画がありますので、ぜひともご覧ください。

木戸実験先生からのひとこと

話のテイスト的には、タランティーノっぽい不夜城:妖怪ラノベ版みたいな感じかな。まあ、既存の作品にはあんまりかぶったものがない感じで、けっこうトリッキーですが、読みにくくはないと思います。たぶん。

(C)PHP研究所 木戸実験/かにたまころっけ