「ファウストなう」飛山裕一さんインタビュー

【サイン本プレゼントあり】

去る8月、宝島社が主催する第3回『このライトノベルがすごい!』大賞の受賞作が発表されました。

今回は、その中でも特に奇抜なストーリーが気になった優秀賞受賞作『ファウストなう(受賞時タイトル:はんぶんのイチ)』の作者・飛山裕一(とびやま・ゆういち)さんと、担当編集者にお話をうかがって来ました。

【ファウストなう】

これは、デブが金網に挟まる物語だ。高校入学以来、すっかり無気力になった不破人の前に現れた美少女・かがり。自らを悪魔と称する彼女は、人生に満足してもらうため、不破人の望みを叶えようという。焚き火、力士、悪魔の革新、合コン、女体化、そして親友の命の危機。人と悪魔が化かし合う、これは、デブが金網に挟まる物語――。

あの歴史的名作を下敷きに贈る、第3回『このライトノベルがすごい! 』大賞・優秀賞受賞作です。

【飛山裕一】

1982年7月24日生まれ。男性。福島県出身、東京都在住。フリーター。

早稲田大学中退。在学中から演劇を始める。

第3回『このライトノベルがすごい!』大賞・優秀賞を受賞して作家デビューを果たす。

興味を持った方、気になっていた方も、ぜひ次ページからのインタビューをご覧ください!

サイン本プレゼントもあります!

次のページへ