「アニソンの神様」大泉貴さんインタビュー

【サイン本プレゼントあり】

本日は、このラノ文庫の注目作を特集します。

【このライトノベルが売れて欲しい】とは別の記者が取材しているので、被ってしまったのは全くの偶然です。

それほどの注目作!

サイン本プレゼント、製作裏話などもあるので、ぜひご覧になって下さい!

【アニソンの神様】

「はじめまして!エヴァ・ワグナーです。一緒にアニソンバンド、やりませんか?」―アニソン好きが高じて、ドイツから日本へとやってきた少女、エヴァ。彼女の夢は、アニソンの聖地・日本でアニソンバンドを組むこと。今、その夢が動きだす―。第1回『このラノ』大賞作家が描く、音楽と青春、『CHA‐LA HEAD‐CHA‐LA』から『太陽曰く燃えよカオス』まで、すべてのアニソン好きに贈る、友情物語。

【大泉貴】

宝島社が主催する第1回『このライトノベルがすごい!』大賞・大賞を受賞し、デビュー。

デビュー作「ランジーン×コード」が長編5冊、短編1冊で第一部完ということで、この9月に「アニソンの神様」をリリースした。

今月発売され、注目を集めている1冊です。らのにゅーの記者・逢坂もお気に入りの1冊。

アニソンを良く知らない方でも読める、非常に取っ付きやすい作品です。

ぜひ書店で、手に取ってみて下さい! アマゾンでポチってください!

また、このラノ文庫のウェブサイトではスペシャル短編が公開されています。

こちらは、単行本よりディープな内容になっている、とのこと。

こちらも要チェックですよ!

興味を持った方、気になっていた方も、ぜひ次ページからのインタビューをご覧ください!

作品についてのコアな質問も満載です。

サイン本プレゼントもあります!

次のページへ