とてつもない物語の始まりの物語 「され竜 0.5」

見上げる空が高かったあの頃。

  孤独と友情、恋と戦争があった。

    そしてあの頃の空はもう見えない。

ジオルグ事務所時代のガユスとその仲間たちの青春時代を描いた

「され竜」始まりの物語――

『されど罪人は竜と踊る0.5 At That Time the Sky was Higher』

この「され竜0.5」は、過去に発表した「Assault」を大幅改稿し、書き下ろし新章を追加した、いわば完全真説版。

タイトルにある 0.5 の数字のとおり、「され竜」1巻よりも前の出来事、ガユスとその相棒ギギナの出会いなど、エピソードゼロ的なストーリーが描かれています。

エピソードゼロなわけですから、「され竜」未体験の方も何の問題もなく楽しめます。

というか、ここから「され竜」の世界に入門するのもアリです。

冒頭で紹介した詩のような文章は、著者の浅井ラボ先生による帯のキャッチコピーなのですが、これが「され竜0.5」のすべてを物語っていると言っても過言ではありません。

青春の輝きとその喪失。

青春時代を過ぎてしまったオッサン……もといオトナは、このコピーだけでもう涙腺がゆるんでしまいます。

宮城先生の手による口絵のジオルグ事務所所員の集合写真や、ガユス視点で描かれた各章のイラストも、胸に迫るものがあります。

あ、でも1点だけ、コーヒー噴きそうになるイラストが混ざっているので、何か飲みながら読まれる際にはご注意を。

ちなみにページ数は、661ページとシリーズ史上最厚!

眠れない秋の夜長にはぴったりです。

(ガガガ文庫編集部ログより)