「エリュシオン」ライトノベルコンテスト応募作品が500作品を突破!

毎年、各レーベルが新人賞を開催していることは周知のこと。
さらには、新たなレーベルが続々と参入しているライトノベル業界。
「えっ、あの出版社が!?」なんて驚きは、もはや珍しくなくなってきているのかもしれない。
そんな最中、ちょっと変わったデビューへの道筋を示しているのが、4社共同開催という位置づけとなっている「エリュシオン ライトノベルコンテスト」だ。

さらには、驚くべきことに本コンテストへの応募総数は現時点で500作品を突破している。
これは単純に応募総数だけをみると、一般ラノベレーベルの新人賞への応募数にも迫る勢いだ。
そしてデビューまでの道のりをコンテストという形式で採用している点にも注目が集まる。
ライトノベル作家を目指して執筆活動をしている方々にとっても、きっと気になっているに違いない。

応募総数が怒涛の勢いで増え続けている要因には、類を見ない応募のしやすさがあると言っていい。
詳細についてはコンテストページを見てもらいたいのだが、要綱として覚えておけばいいのは、「800文字以内のあらすじ」だ。これさえきちんと用意すれば、応募は可能なのである。
また、応募から審査を含めて、オンライン上でそのほとんどが完結する点も大きな魅力のひとつと言えるだろう。

しかしながら、応募のハードルが下がっているからこその問題点も浮き彫りとなりつつある。
応募作品の要綱として極めて重要な「あらすじ」である。
この「あらすじ」をクリアできていない作品もまた非常に多いと言えそうだ。
「あらすじ」とは、その物語の簡易取扱説明書であり、まして審査の対象となる重要な部分であるからこそ、おろそかにはできないし、してもいけない。
これから応募しようと考えている人も、既に応募要件を満たしている人も、今一度自分の書いた「あらすじ」を見返してみることをオススメしたい。
裏を返せば、この「あらすじ」を魅力的に作りこむことで、一次審査突破の確率はググッと上がる、とも言えるだろう。

いずれにしても、この一風変わったライトノベル作家誕生までのロードマップは実に興味深い。
そして、このまったく終着点の見えない応募総数が果たしてどこまで伸びるのか、非常に気になるところでもある。
応募締切は2012年11月25日(日)までとなっているので、応募を考えている人は忘れないように気をつけよう!

[関連サイト]

エリュシオンライトノベルコンテスト