講談社ラノベ文庫2013年1月新刊紹介

講談社ラノベ文庫は毎月2日発売。

2013年1月新刊はちょっと早めの12月28日発売。

文庫&コミックス 1月4日(金)同時発売!!

終わりのセラフ1 一瀬グレン、16歳の破滅(カタストロフィ)

※1月4日発売

著:鏡 貴也 イラスト:山本ヤマト

きーきーうるせぇな。俺が全部ぶっ潰してやる!

「ねえグレン。大人になっても、私たち、ずっと一緒にいられるのかな…………?」

世界が滅亡し、地上が吸血鬼に支配される直前の 最後の春。一瀬グレン15歳が入学したのは、渋谷にある呪術師養成学校だった。

学校にいるのは呪術世界では有名な家系のエリート子女ばかり。身分の低い分家出身のグレンは、胸に大きな野心を抱きながらも、クズだと嘲られながら過ごす。

だがそんな中、遠い昔に約束を交わした少女の、婚約者を名乗るクラスメイトが現れて 。

滅び行く世界で、少年は力を求め、少女もまた力を求めた。

鏡貴也×山本ヤマトの最強タッグが描く学園呪術ファンタジー登場!

集英社ジャンプコミックス

『終わりのセラフ』第1巻

原作:鏡 貴也

漫画:山本ヤマト

コンテ構成:降矢大輔

定価:460円(税込)

(c)鏡貴也・山本ヤマト・降矢大輔/集英社

百億の魔女

著:小川淳次郎 イラスト:ささきむつみ

「さぁ、魔女姫戦争を始めようか」

太陽が沈み始めた時刻、それこそが〈魔女姫戦争〉の開始の時刻。主人公・零次はある日、自分の学生鞄に回転式拳銃が収められていることに気づく。

しかし次の瞬間、それは霧散して消えてしまった。そしてその日を境に、零次は〈剣の魔女姫〉を名乗る少女に命を狙われる。恐るべき身体能力で零次を追い詰めてくる魔女を前に、消えてしまった拳銃とともに謎の声が囁く。「撃て」と。零次の身体に眠っていた稀代の悪魔〈ワルプルギスの夜〉が目を覚ましたのだ。果たして、最後に生き残るのは魔女か、零次か 。

世界中の魔女たちが繰り広げる壮絶なる魔女姫戦争がその幕を開ける。

小夜音はあくまで小悪魔です!? 3

著:東出祐一郎 イラスト:吉田 音

元・自宅警備員 地球の守護者へ華麗なるジョブチェンジ!?

一崎嶽人は元・最強自宅警備員にして死後その魂が人類を救う〈魂遺物〉となる少年である。

現在守護契約中のメフィストフェレス小夜音、四大天使・ガブリエルの二人の美少女とキャッキャウフフの(!?)同居中の嶽人。

そんな彼に神の御名の下にくだされた使命は「世界を救いたいなら死んで魂遺物となれ」だった!! 

現在地球激突コース上にある巨大隕石をうっちゃって人類を救うためには、嶽人はさっくり死んで〈魂遺物〉にならねばならないらしい……

困惑する嶽人と、状況を受け入れられない小夜音たちは起死回生の策を練り、神の意志に乾坤一擲の反撃を企てる! そして神の《真意》とは!?

天と地を駆けめぐるアクションラブコメ第3巻登場!!

第1回講談社ラノベ文庫新人賞《佳作》受賞作品

まお×にん!3

著:やますゆきたか 

イラスト:かのえゆうし

光二と結婚すれば魔界の覇者に!?

聖クリッド学園に留学してきた魔族たちは、人間世界の生活に馴染んできていた……と思わせる一方で、学園長の不動瑪瑙衣は彼らの不穏な動きに気付いた。光二にスパイとして魔族の動向を探るように指示すると、思いがけない事実が判明した。

なんと、五月谷の忍び一族に伝わる秘宝を探しているという。それが魔界を揺るがす宝だというが、光二たちには何も知らされていなかった。

麗しい魔界の姫たちは宝と光二を巡って壮絶バトル、ついには魔王たちも登場して大混乱に!? そして先祖が封じた魔族と忍者の関係が明らかになる。

第1回講談社ラノベ文庫新人賞≪佳作≫作品第3弾!