「オーバーラップ文庫」4月25日創刊、IS<インフィニット・ストラトス>を再刊行

ライトノベルの新レーベル「オーバーラップ文庫」が4月25日に創刊されることが、コミックマーケットで明らかになった。

同文庫は、MF文庫から刊行されていた弓弦イズルさん作「IS<インフィニット・ストラトス>」を順次再刊行するようで、創刊ラインナップの作家陣も公開されている。

新規のライトノベル参入は、ヒーロー文庫に続いてとなる。

なお、現在公開されている創刊ラインナップは以下の通り。

アサウラ、天草白、木緒なち、熊谷純、サイトウケンジ、十文字青、SOW、橘ぱん

玉城琴也、土屋つかさ、遠野渚、姫ノ木あく、箕崎准、深山ユーキ、むらさきゆきや

山川進、森田季節、弓弦イズル、志倉千代丸、山本寛

注目の作家としては、SD文庫「ベン・トー」を連載中のアサウラさんの、空想科学ライトノベル【シュタインズ・ゲート】の製作総指揮である志倉千代丸さんの初小説、【フラクタル】などで知られるアニメーション監督の山本寛さんなどが挙げられる。

今後、オーバーラップ文庫がどのような活躍を見せるのか、目が離せそうにない。