『新人賞を獲れるライトノベルの書き方』セミナー。5月無料セミナー開催。テーマは「刺さる創作ノウハウ 」

ライトノベル新人賞対策や作家デビューを研究する「ライトノベル創作塾」は、2013年5月18日(土)に「刺さる創作ノウハウ」セミナーを開催する。

当日は、過去に取り上げられた作品を元に『ベストセ ラー・ライトノベルのしくみ』の著者、飯田一史氏が講師として講演する。

■当日講師 

飯田一史

ラ イター、文芸評論家、講師。Amazonランキングで1位になったライトノベルを徹底分析し、また、出版社での編集者としての経験を活かして『ベストセ ラー・ライトノベルのしくみ』(青土社)を発表。同著作はマンガ編集者やアニメ脚本家、映画シナリオ理論の研究者からも高い支持を得ている。

https://twitter.com/cattower(ツイッター)

http://d.hatena.ne.jp/cattower/(ブログ)

「ライトノベル創作塾」では、読者がライトノベルに求める3大要素を提唱しています。“楽しい” “ネタになる” “刺さる”です。とりわけ、“刺さる”という要素を満たすこと、すなわち読み手を「感動させる」「いい話だ」「せつない」「泣ける」と思ってもらうことは、創造者として重要性は理解できていても、創り出すための具体的なノウハウを学ぶ機会はあまりありません。

5月のセミナーでは、実際にどのような創作が“刺さる”内容を作り出すかについて体系的に解説します。今回は、「アクセル・ワールド」等を題材にして理解を深める工夫を予定しています。

■セミナーの目的

アニメ化、マンガ化などメディアミックスされて人気になる小説は、斬新で個性的、どれも全く異なるもののように感じてはいませんか?

しかし、プロ編集者の視点からみると、その魅力的なストーリー構成やキャラクター設定、文章の書き方には、創作上のある共通したポイントがあります。

今回も、事例をもとにした多角的な視点からのアドバイスをおこなうことで、ライトノベル作家としてデビューするための秘訣、創作者が陥りがちなミスについてもわかりやすく解説します。

セミナーは、ライトノベル編集の現場でお仕事をされ、また、アニメ、マンガのライター、評論家としても活動されている飯田一史さんを迎えて開催します。参加料は無料ですので、お気軽にご参加ください。

■セミナー日時・テーマ予定※1

2013年5月18日(土) 11:00- 2時間から2時間半程度(開場:10:50)

(セミナーテーマ)刺さる創作ノウハウ※1

■とりあげる作品※2

『アクセル・ワールド』(著者:川原礫 アスキーメディアワークス電撃文庫)

『ゴールデンタイム』 (著者:竹宮ゆゆこ アスキーメディアワークス電撃文庫)

『さくら荘のペットな彼女』(著者:鴨志田一 アスキーメディアワークス電撃文庫)

『変態王子と笑わない猫』(著者:さがら聡 メディアファクトリーMF文庫J)

質疑応答

質問例(様々な質問を事前にいただき、また、その場でもお聞きして進めます)

・人を感動させる作品に共通する構造を教えてください

・シリアス展開をすると「重い」「無駄にシリアス」と思われて読者からいやがられないでしょうか。

・“泣ける”“せつない”話にしたいのですが、「地味」だと言われてしまいます。どうすればいいですか。

・軽いラブコメ的なことをさせつつ、まじめなことも言わせようとすると、キャラブレしないでしょうか。バランスのとりかたをおしえてください。

※1ライトノベル創作塾は、学びの題材をヒット作品や作家の事例を通してご紹介する予定です。そのため、各回のテーマは解説作品やゲストにより時期と内容が変化する可能性があります。

※2学びの効果を高めるために、本セミナーでは予告した作品のシリーズ1巻目の内容(ネタバレ)に踏み込んでテクニックを解説します。あらかじめご了承ください。また、タイムリーな事例やいただいたご質問を踏まえてお届けするため、取りあげる作品は変更となる可能性があります。

■セミナー参加と場所について

受講料:無料

場所:

東京都中野区弥生町2-41-17東京コンテンツインキュベーションセンター

地下鉄丸ノ内線 中野新橋駅 (徒歩2分、地下鉄改札出口の近隣地図で確認できます)

http://bit.ly/11PYlkf(地図)

■こんな方のご参加をお待ちしております

・デビューをめざし、ライトノベル新人賞への投稿を検討している(投稿経験者も歓迎)

・ライトノベルの書き方を知りたい、もっとうまくなりたい

・小説作法に興味がある、創作理論の研究をしている

・最近のライトノベルの流行や動向に関心がある

・作家の特性にふさわしいジャンルや適性について知りたい

・ライトノベルからクリエイティブのノウハウを学びとりたい

[関連サイト]ライトノベル創作塾