2015年12月発売の手島史詞氏GA文庫最新作『東京異界のバリスタ』の予告編が公開

GA文庫より2015年12月に発売を予定している手島史詞氏の最新作『東京異界のバリスタ』の予告編SSが手島史詞氏のブログ「アトリエ月の窓 新館」にて公開された。本作のイラストを担当するのはファルまろ氏で、公開された予告編では主人公とヒロインがちょっとした喫茶店のウンチクを交えつつあらすじを紹介する内容となっているとのことだ。発売までまだ期間はあるが、一足先に本作の内容に触れてみよう。

戦艦学園のグラムリッター
ファンタジア文庫刊『戦艦学園のグラムリッター』 著:手島史詞

【『東京異界のバリスタ』あらすじ】

「なんでも解決してくれるって聞いて来たんです。兄のクリスを探してください」 異世界と繋がり、魔法使いが跋扈する『東京異界』で営業中の珈琲専門店《ストラーダ》に記憶喪失の少女・フリッカが転がり込んできた。「君は、フリウなんだろうか……。帰ったきたのか――確証が欲しい」 何でも屋を兼業する珈琲係(バリスタ)の燈志郎は、捜し続けている少女・フリウと瓜二つなフリッカの正体をつきとめるために、唯一の手掛かりであるクリスを捜す。しかし、真相に近付く燈志郎の前に、凄腕の魔法使い《印持ち》が現れて――「俺の魔法は弩弓(バリスタ)、的は外さない!!」 燈志郎は少女との大切な記憶を取り戻すため、世界の理を撃ち抜く!? 異界冒険ファンタジー開幕の時!!

⇒ 『東京異界のバリスタ』予告編はこちらから

また、手島史詞氏のブログ「アトリエ月の窓 新館」では、本作のキャラクターデザインなどの公開も順次行われる予定となっているそうなので、興味がある方は随時覗いてみるといいだろう。『東京異界のバリスタ』はGA文庫から12月12日頃発売だ。

©手島史詞/KADOKAWA 富士見書房刊 イラスト:カスカベアキラ

kiji_line

[関連サイト]

手島史詞氏のブログ「アトリエ月の窓 新館」

GA文庫公式サイト

kiji_line