剣技科×魔技科のデュアルスクールバトル『魔技科の剣士と召喚魔王』の公式ページがオープン

MF文庫Jより10月23日に最新10巻が発売となった三原みつき氏の『魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>』の公式ページがオープンした。本作は2013年より刊行がスタートし、巻数も大台の二桁へと突入したシリーズ作品。また、10巻からは新展開を迎える形となっており、勢いのある作品とも言える。新展開を迎えた10巻発売タイミングでの公式ページの公開は、メディアミックスでの新展開もあるのではないかと様々な期待を抱かせてくれる。公開された公式ページでは本作のストーリーやキャラクター紹介、キーワードなどが網羅されており必見のページとなっている。

魔技科の剣士と召喚魔王10

デュアルスクールバトル第10弾! 全米激突!!

【あらすじ】

ついに日本を統一した一樹。しかし、静観を決めたイタリアを除き、世界には日独英対中露ロキという対立構造が生まれ、七国王のなかで唯一閉鎖的なアメリカの出方しだいという危うい均衡状況に――。そこで一樹は直接アメリカの正体を見極めることを決意し、中華道国と敵対する梁山泊の呂尚香や英王アーサーの協力も得て、騎士学院の仲間たちとともに海の外へと出帆する。美桜たちがセーラー服姿になって船上業務をする航海の途中、一樹たちはアメリカから流れてきたと思われる魔境化した幽霊船と遭遇するのだが――!? 壮大なデュアルスクールバトル、全米激突!!

また、本公式ページを確認していると、中国語への言語切り替え機能があることに気が付く。本作のコミカライズを孟倫氏が担当していることを差し引いても、更なる意図があるのではないかと勘繰ってしまう。本当に蛇足だが、本作の新たなメディアミックスが日本ではなく台湾から巻き起こる可能性も否めない。本作の新展開ももちろんだが、新たなメディアミックス情報が出てくるかどうかにも注目していきたい。

『魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>』はMF文庫Jより最新10巻まで発売中!

©三原みつき/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:CHuN

kiji_line

[関連サイト]

『魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>』公式ページ

MF文庫J公式サイト

kiji_line