“鮎川哲也賞”出身作家が紡ぐ初のライトノベル『緑陽のクエスタ・リリカ』のTVCM映像が公開

10月23日にMF文庫Jより発売となった『緑陽のクエスタ・リリカ 魂の彫塑』TVCM映像が公開された。本CM映像は今後TVアニメ「緋弾のアリアAA」の枠内でも流れる予定となっており、“鮎川哲也賞”出身の相沢沙呼氏が「オーバーロード」のso-bin氏とタッグを組んで贈る、英雄になれなくても誰かのための勇者になれる物語だ。

緑陽のクエスタ・リリカ_書影

英雄になれなくても、誰かのための勇者になれる。

【あらすじ】

「僕は、冒険者になろうと思う――」 魔術の才能がからっきしな少年、ジゼル・アンダーブルックリン。魔術師のための学校、《識者達の学院》を自主退学した彼が目指すのは、冒険者だった。手始めに冒険者の集う酒場《金獅子亭》へと赴いたジゼルだったがそこで偶然、助けを求めていた半妖の少女、ミリアと出会う。ミリアは“姉のレナリアを探してほしい”という依頼を受けてくれる冒険者を探していた。《金獅子亭》の代わりにその依頼を引き受けたジゼルはやがて、とある事件の全貌を追っていくことになり……。相沢沙呼×so-binの大型タッグが贈る、持たざる者のための探求叙情詩が幕を開ける―――。

『緑陽のクエスタ・リリカ 魂の彫塑』TVCMPV

“鮎川哲也賞”受賞以前に、ライトノベルの新人賞へ送り続けていた相沢沙呼氏。本作はそんな相沢沙呼氏の想いが込められたオーソドックスなファンタジーであり、かつ等身大の主人公に魅力が詰まった作品となっている。TRPGでいうところのシティ・アドベンチャーという形態を意識して作品作りをしているとのことで、『希望の都』フェ・リを舞台に情報を集め、謎を解いていく冒険活劇となる。持たざる者の少年ジゼルは、果たして「何者」になれるのだろうか――。

『緑陽のクエスタ・リリカ 魂の彫塑』はMF文庫Jより好評発売中!

©相沢沙呼/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:so-bin

kiji_line

[関連サイト]

『緑陽のクエスタ・リリカ』特設サイト

MF文庫J公式サイト

kiji_line