10日発売の電撃文庫11月刊行ラインナップをご紹介その1。『魔法科高校の劣等生18』『ストライク・ザ・ブラッド14』など

11月10日に発売する電撃文庫11月刊行のラインナップのジャケットイラストとあらすじをご紹介します。電撃文庫公式サイトでは試し読みも可能となっています。

魔法科高校の劣等生18 師族会議編<中>

魔法科高校の劣等生18

©佐島勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:石田可奈

将輝に『婚約』を申し込まれた深雪。

彼女が通う魔法科高校に、意外な人物が現れ……

【あらすじ】

世界中の魔法師が注目する師族会議は、何者かによる自爆テロによって幕を下ろした。この残酷な計画は、死体を操る魔法によって引き起こされていた。この魔法を手がかりに、企てた黒幕を追う達也。世論では、この事件によって、魔法師を糾弾する『人間主義』の勢力が日々拡大しつつあった。そして、「四葉家の司波達也殿がお前と同様、十文字殿の下で捜索に加わる。将輝、意地を見せろよ」 そう一条剛毅に発破をかけられた将輝は、『テロの黒幕』捜査メンバーである達也に対抗するように東京へ向かうのだった。そして、深雪に『婚約』を申し込んでいる将輝は、思い掛けない手を使って深雪にアプローチを試み……。一方、絡まり合う人間模様と、日々悪化していく社会情勢の中、ついに『黒幕』の手掛かりを掴んだ達也。しかし彼の前に、思わぬ『第三の勢力』が立ち塞がる……!

⇒ 試し読みはこちらから

新約 とある魔術の禁書目録14

新約とある魔術の禁書目録14

©鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:はいむらきよたか

異能の力を全て打ち消す右手『幻想殺し』

VS負の想念で全てを消し去る『理想送り』!

【あらすじ】

「やあ、幻想殺し」 「だとすると、アンタは理想送りか?」 世界を意のままに、何万回でも塵にすることができる真性の『魔神』達。そんな無敵の存在らを、一瞬で消し去る少年がいた。少年は『どこにでもいる平凡な高校生』にして、しかし同時に最大最悪の『理想送り』を右手に宿す存在。それは『新たな天地を望むもの』を全て消し去る、恐るべき力だった。そして、もう一人の『どこにでもいる平凡な男子高校生』上条当麻の右手に宿る『幻想殺し』と、表裏一体の存在でもあった。「幻想殺し。ぼくは『魔神』に用がある。ぼくをこんな風にした『魔神』達に」「それはお前の事情だろ。俺達には関係ない」 少年二人は、学園都市の暗闇で対峙した。互いに譲ることができないもののために。この勝負の鍵を握るのは、レイヴィニアとパトリシア、二人のバードウェイ姉妹で……!? 極大のイレギュラー同士が、ついに激突する……!

⇒ 試し読みはこちらから

ストライク・ザ・ブラッド14 黄金の日々

ストライク・ザ・ブラッド14

©三雲岳斗/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:マニャ子

“聖殲”発動! 囚われた浅葱! そして雪菜の身体に異変が!

物語はクライマックスへ突入!!

【あらすじ】

『タルタロスの薔薇』事件で絃神島を救った浅葱は、絃神島復興のシンボルとしてローカルアイドル活動をやらされる羽目になる。だがそれは浅葱を幽閉した事実を隠蔽するための、人工島管理公社の謀略だった。それを知った古城と雪菜は、浅葱を救出するためにキーストーンゲート第零層へと潜入する。しかし度重なる戦闘によって、そのとき雪菜の身体にはある異変が起きていた。絃神島に秘められた“聖殲”の真実と、雪霞狼に隠された秘密。そして雪菜の決断とは――世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、待望の第十四弾!

⇒ 試し読みはこちらから

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 祭と夢

境界線上のホライゾンガールズトーク

©川上稔/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:さとやす

大好評の『境界線上のホライゾン』、サイドストーリー第2弾が登場!

【あらすじ】

三河争乱が起こる一年前の聖譜歴1647年。転居手続きのため航空都市艦武蔵を訪れた本多・正純は、ある事情により足止めを受けていた。武蔵の停泊地、三河郊外で殺人事件が起こり、その影響で入艦手続きが凍結されてしまったのだ。首を切られた身元不明のニ体の死体、聖連も介入してくる不可解な事件に正純は巻き込まれていく……。「あれのおかげで以後、議論が怖くてな」 正純にとってはあまり知られたくないエピソード、“極東の危機”に発展しかけた事件を、またもや梅組の女衆が捏造や勘違いや奇声含みで真相究明? みたいな。

⇒ 試し読みはこちらから

安達としまむら5

安達としまむら5

©入間人間/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:のん

高校二年の夏休みはイベントがいっぱい。

安達としまむら、二人で過ごす二度目の夏。

【あらすじ】

夏休みはしまむらと会えなくなる……お祭りに行ったり、プールで泳いだり、一緒にアイス食べたり、やりたいことがいっぱいありすぎて……そうだ、やりたいことリストだ! かきかきかきかき……。夏休みはいいものだ。なにがいいって朝、無理して起きなくていい。でも、やることがなくて、時間が過ぎるのが遅い。安達は何をしてるんだろ。バイトかな。っと、電話だ。花火大会? 別にいいけど──。安達としまむらの夏休み。去年とは少し違う、高校二年の夏休みが始まる。

⇒ 試し読みはこちらから

竜は神代の導標となるか3

竜は神代の導標となるか3

©エドワード・スミス/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:クレタ

領主にまで上り詰めたカイに新たな敵が!

歴史に名を刻む大会戦へ!!

【あらすじ】

ヴェーチェル領を掌握し、カイは領主にまで上り詰める。郡主の子が領主になった例は皆無。王国始まって以来の快挙である。 だが、安息の時はない。東部一の勢力を誇る領督スコット・クロンダイクが、カイたちヴェーチェル同盟に宣戦布告をするのだった。王国に鳴り響く猛将バネッサ率いる精鋭クロンダイク軍と同盟は激突する。竜に乗る騎士たちが戦場を疾駆し、矛を交える。華々しい英雄譚が幕を開ける! 百戦錬磨のバネッサはやはり只者ではなかった。硬軟を使い分ける戦略に、同盟軍は劣勢を強いられるが!?

⇒ 試し読みはこちらから

マンガの神様3

マンガの神様(3)

©蘇之一行/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:Tiv

超人気アイドル夜桜と楪葉が連載移籍を賭けてマンガ勝負。

今度は楪葉がスランプ!?な第3巻!!

【あらすじ】

「――私はこの手であなたをぶっ潰すつもりですので、よろしくお願いします」 アイドル兼漫画家の夜桜と天才高校生漫画家・楪葉が、雑誌の売上で勝負することに! 負けたら連載移籍だって!? 握手券にグラビア表紙と、アイドル効果で売上を伸ばそうと目論む夜桜陣営に対し、「もちろん負けるつもりはありません」と答える楪葉。僕はなんの心配もしていなかったが、なぜか自信を失っていった楪葉は、漫画をやめるなんて言い出す始末。これは天才高校生漫画家である僕の出番だな。――この勝負、勝つぞ楪葉!

⇒ 試し読みはこちらから

叛逆のドレッドノート4

叛逆のドレッドノート(4)

©岩田洋季/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:白もち桜

百華と零、二人を襲う絶体絶命の“悪夢”。

叛逆のボーイミーツ・ドレッドガール完結編!!

【あらすじ】

零と百華の秘密――【共振錯覚】を全世界に向けて告白してから二ヶ月。その日、零が見た叛逆少女の夢は、絶望に染まった二人の未来だった。しかし、悪夢は夢のままでは終わらなかった。白昼夢のように、零の見た夢が現実になっていく。学園島に襲来する未曾有の“蛇”の群れ、二人の絆とも呼べる【共振錯覚】の真実、次第に明かされていく百華との出会いの秘密。それは、過去から今へと続く、二人の運命だった――。全てを知った時、二人は絶望の未来をねじ伏せる“叛逆”に打って出る。

⇒ 試し読みはこちらから

紹介ラインナップは11月10日発売!

『10日発売の電撃文庫11月刊行ラインナップをご紹介その2』はこちら

kiji_line

[関連サイト]

電撃文庫公式サイト

kiji_line